Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

アーネコスキ(Aanekoski)

アーネコスキ(Aanekoski)(中央スミオ, フィンランド)の口コミ情報と旅行記、アーネコスキ(Aanekoski)までの行き方や地図をまとめています。アーネコスキ(Aanekoski)の他にも中央スミオ、 フィンランドのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

アーネコスキ(Aanekoski)(中央スミオ, フィンランド)|カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 02
Satoko Nishiyama Fujioka

一体、湖の端はどこにあるのか、今自分は海の上にいるんではないかと錯覚するほど。 広さとは反対に、心細くなったりするのも、自然を肌感覚で感じ取っていたのかもしれないな。

『 カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。 』より アーネコスキ(Aanekoski), 中央スミオ

アーネコスキ(Aanekoski)(中央スミオ, フィンランド)|カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 04
Satoko Nishiyama Fujioka

後に私の宝物になる、ククサ。白樺のコブをくり抜いて作られる手作りのマグカップで、家に当たり前にあるものなんだとか。

『 カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。 』より アーネコスキ(Aanekoski), 中央スミオ

アーネコスキ(Aanekoski)(中央スミオ, フィンランド)|カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。(Satoko Nishiyama Fujiokaさん)
Satoko Nishiyama Fujioka

Mikkeliから6時間程かけて、Taruの実家、Äänekoskiへ遊びに。 市内を抜けると、自然にますます包まれて行く。 これは、セルフビルドで建てられたサマーコテージ。 お父さんは職業も大工さんなんだとか。

『 カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。 』より アーネコスキ(Aanekoski), 中央スミオ

アーネコスキ(Aanekoski)(中央スミオ, フィンランド)|カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 03
Satoko Nishiyama Fujioka

しかし、秋の湖散策は、冷えるね〜。 そんなことをいっていたら、またしても慣れた手つきで火をおこすTaru。

『 カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。 』より アーネコスキ(Aanekoski), 中央スミオ

アーネコスキ(Aanekoski)(中央スミオ, フィンランド)|カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 05
Satoko Nishiyama Fujioka

ふぅ、あったまる。 寒かったら、暖まればよいんだね、なんて、なんて素敵な会話なんだろう。

『 カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。 』より アーネコスキ(Aanekoski), 中央スミオ

アーネコスキ(Aanekoski)(中央スミオ, フィンランド)|カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。(Satoko Nishiyama Fujiokaさん) - 06
Satoko Nishiyama Fujioka

いざ、湖の散策へ。 驚いたのは、自転車を漕ぐようになれた手つきで、 オールを漕ぐTaru。 え、当たり前よ、なんて言われてほれぼれしてしまう。

『 カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。 』より アーネコスキ(Aanekoski), 中央スミオ

  • 散策

  • エピソード・口コミ(6)

    2008.10.29 に訪問

    一体、湖の端はどこにあるのか、今自分は海の上にいるんではないかと錯覚するほど。 広さとは反対に、心細くなったりするのも、自然を肌感覚で感じ取っていたのかもしれないな。

    最終更新:2014.02.05 03:32
    旅行記 『カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。』 より
    2008.10.29 に訪問

    後に私の宝物になる、ククサ。白樺のコブをくり抜いて作られる手作りのマグカップで、家に当たり前にあるものなんだとか。

    最終更新:2015.06.06 23:49
    旅行記 『カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。』 より
    2008.10.29 に訪問

    Mikkeliから6時間程かけて、Taruの実家、Äänekoskiへ遊びに。 市内を抜けると、自然にますます包まれて行く。 これは、セルフビルドで建てられたサマーコテージ。 お父さんは職業も大工さんなんだとか。

    最終更新:2014.02.05 03:32
    旅行記 『カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。』 より
    2008.10.29 に訪問

    しかし、秋の湖散策は、冷えるね〜。 そんなことをいっていたら、またしても慣れた手つきで火をおこすTaru。

    最終更新:2014.02.05 03:32
    旅行記 『カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。』 より
    2008.10.29 に訪問

    ふぅ、あったまる。 寒かったら、暖まればよいんだね、なんて、なんて素敵な会話なんだろう。

    最終更新:2014.02.05 03:32
    旅行記 『カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。』 より
    2008.10.29 に訪問

    いざ、湖の散策へ。 驚いたのは、自転車を漕ぐようになれた手つきで、 オールを漕ぐTaru。 え、当たり前よ、なんて言われてほれぼれしてしまう。

    最終更新:2014.02.05 03:32
    旅行記 『カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。』 より
    アーネコスキ(Aanekoski)を含む旅行記一覧 アーネコスキ(Aanekoski)を含む旅行記一覧

    アーネコスキ(Aanekoski)を含む旅行記一覧 トップへ