Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Jinka Town

Jinka Town(南部諸民族州, エチオピア)の口コミ情報と旅行記、Jinka Townまでの行き方や地図をまとめています。Jinka Townの他にも南部諸民族州、 エチオピアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Jinka Town(南部諸民族州, エチオピア)|衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~(Yukiko Aonoさん)
Yukiko Aono

翌日も朝5時半にバスは出発。アルバミンチからジンカまではいよいよ道も悪くなり、未舗装が増えてきた。でも、それでもまだ全然耐えられる範囲。 途中、少数民族が住む村もあり、景色を見ているだけでも楽しかった。

『 衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~ 』より Jinka Town, 南部諸民族州

Jinka Town(南部諸民族州, エチオピア)|衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~(Yukiko Aonoさん) - 02
Yukiko Aono

ジンカには思ったよりもだいぶ早く着いた。さっそく宿でムルシツアーについて相談。ジープを貸しきって行くんだけど、私達2人だから一人$90くらいするらしい。アフリカ価格でしたらめっちゃ高いけど、ここまで来たんだししょうがない。 宿はGOH HOTELという所。庭にはマンゴーの木もあってそこそこ綺麗だ。 暇だったのでジンカ村にある博物館に行ってみた。手作り感溢れていて、明日訪れるムルシ族についても触れることができた。 ジンカ村はとっても小さいけどのんびりしたいい村だ。

『 衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~ 』より Jinka Town, 南部諸民族州, 南部諸民族州

Jinka Town(南部諸民族州, エチオピア)|衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~(Yukiko Aonoさん) - 03
Yukiko Aono

一悶着ありながらも、基本エチオピア人はいい人だ。旅人の間では世界3大ウザイ国を上回ると言われているが、私達が接してきた感じそんな印象は全然受けない。苛々したのも今朝の出来事だけだし。ツアーを利用せず地元民と一緒に移動してきたのが良かったのかもしれない。 エチオピアの好きな所は、人もそうだけど、至る所で香るコーヒーの匂い。コンソでも道端でおばちゃんがコーヒー豆を煎っていた。緑から黒になり徐々に香るコーヒーの匂い。匂いにつられてお邪魔して一杯飲ませてもらった。ホントうまい。

『 衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~ 』より Jinka Town, 南部諸民族州, 南部諸民族州, 南部諸民族州

Jinka Town(南部諸民族州, エチオピア)|衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~(Yukiko Aonoさん) - 04
Yukiko Aono

村の子達はコーヒーと共にある生活が自然なんだな。

『 衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~ 』より Jinka Town, 南部諸民族州, 南部諸民族州, 南部諸民族州, 南部諸民族州

Jinka Town(南部諸民族州, エチオピア)|衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~(Yukiko Aonoさん) - 05
Yukiko Aono

夢のようなムルシ村の訪問を終え、しばらくは興奮がさめやらぬ私達。 翌朝、ジンカを離れコンソへ向かった。今朝も6時発。でも結局出たのは7時半。エチオピアのバスはどうしてこうも早いのか。そして必ず遅れるならもっと集合を遅らせてもいいんじゃない?っていつも思う。 出発前、小さなミニバンをやっぱりこっちだ、やっぱりこっちだと何度も乗り換え、荷物代よこせだのなんだのと、とにかく出発までの無駄な時間が長いのだ。理不尽な請求にも苛々して朝からエチオピア人とやりあってしまった。あぁ、寛大な心って難しい。

『 衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~ 』より Jinka Town, 南部諸民族州, 南部諸民族州, 南部諸民族州, 南部諸民族州, 南部諸民族州

  • 散策

  • エピソード・口コミ(5)

    2013.12.01 に訪問

    翌日も朝5時半にバスは出発。アルバミンチからジンカまではいよいよ道も悪くなり、未舗装が増えてきた。でも、それでもまだ全然耐えられる範囲。 途中、少数民族が住む村もあり、景色を見ているだけでも楽しかった。

    最終更新:2017.06.26 05:03
    旅行記 『衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~』 より
    2013.12.01 に訪問

    ジンカには思ったよりもだいぶ早く着いた。さっそく宿でムルシツアーについて相談。ジープを貸しきって行くんだけど、私達2人だから一人$90くらいするらしい。アフリカ価格でしたらめっちゃ高いけど、ここまで来たんだししょうがない。 宿はGOH HOTELという所。庭にはマンゴーの木もあってそこそこ綺麗だ。 暇だったのでジンカ村にある博物館に行ってみた。手作り感溢れていて、明日訪れるムルシ族についても触れることができた。 ジンカ村はとっても小さいけどのんびりしたいい村だ。

    最終更新:2017.06.26 05:03
    旅行記 『衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~』 より
    2013.12.03 に訪問

    一悶着ありながらも、基本エチオピア人はいい人だ。旅人の間では世界3大ウザイ国を上回ると言われているが、私達が接してきた感じそんな印象は全然受けない。苛々したのも今朝の出来事だけだし。ツアーを利用せず地元民と一緒に移動してきたのが良かったのかもしれない。 エチオピアの好きな所は、人もそうだけど、至る所で香るコーヒーの匂い。コンソでも道端でおばちゃんがコーヒー豆を煎っていた。緑から黒になり徐々に香るコーヒーの匂い。匂いにつられてお邪魔して一杯飲ませてもらった。ホントうまい。

    最終更新:2017.06.26 05:03
    旅行記 『衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~』 より
    2013.12.03 に訪問

    村の子達はコーヒーと共にある生活が自然なんだな。

    最終更新:2017.06.26 05:03
    旅行記 『衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~』 より
    2013.12.03 に訪問

    夢のようなムルシ村の訪問を終え、しばらくは興奮がさめやらぬ私達。 翌朝、ジンカを離れコンソへ向かった。今朝も6時発。でも結局出たのは7時半。エチオピアのバスはどうしてこうも早いのか。そして必ず遅れるならもっと集合を遅らせてもいいんじゃない?っていつも思う。 出発前、小さなミニバンをやっぱりこっちだ、やっぱりこっちだと何度も乗り換え、荷物代よこせだのなんだのと、とにかく出発までの無駄な時間が長いのだ。理不尽な請求にも苛々して朝からエチオピア人とやりあってしまった。あぁ、寛大な心って難しい。

    最終更新:2017.06.26 05:03
    旅行記 『衝撃の民族~エチオピアでムルシ族に会ってきた~』 より
    Jinka Townを含む旅行記一覧 Jinka Townを含む旅行記一覧

    Jinka Townを含む旅行記一覧 トップへ