Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

アスワン(エジプト)のおすすめ観光・買い物情報

アスワンの「観光・買い物」に関する海外旅行(自由旅行、個人旅行)の口コミ・旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。観光地をランキング、ジャンル別などで探すことができます。見つけた情報をベースに旅行プランを立てることもできます。

https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/323/916/medium/IMGP1329.JPG?1512232215

1

アスワン ナイル川

アスワン, エジプト

Shinya

アスワン周辺の古代遺跡を散策したのちは 夕方から船に乗りナイル川の周遊です。 川の西岸がいわゆる死者の国、 東岸が人々が暮らす生の国とされています。 太陽を神に準えた考え方なのかも知れません。 この風景自体を何前年に生きた人々も見ていたと思うと、感慨深いものです。

2
Other Nature & Outdoor
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/323/913/medium/IMGP1313.JPG?1512232136

2

ホルス神殿

アスワン, エジプト

Shinya

ルクソールを早朝に出発し、パトカーの先導の下、南の町アスワンに向いました。 なぜパトカーがと思ったのですが、今から10年も前なので、何故だったのか記憶が定かでありません。 アスワンに行く途中にはエジプトの遺跡で最も保存状態のいいホルス神殿があります。 ホルス神とは頭が隼で体が人間の格好をした神で、奥には至誠所があり神秘的な遺跡でした。

2
Museum
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/323/918/medium/IMGP1332.JPG?1512232268

3

アスワン

アスワン, エジプト

Shinya

夕食後、ガイドからナツメヤシの果実をいただきました。 ナツメヤシは、中東や北アフリカなどでは貴重な食材の一つとなっており様々な料理にも使用されます。 食べてみましたが、干し柿のような味がし、少し渋みが下に残ります。 エジプトに行ったらぜひ試してみてください。

1
city
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/323/920/medium/IMGP1341.JPG?1512232337

4

アブシンベル神殿

アスワン, エジプト

Shinya

飛行機でアブシンベルに向います。 約40分ほど、頼りのないプロペラ機の空の旅です。 アブシンベルには古代エジプト最大の王ラムセス2世の最も有名なアブシンベル神殿がある場所です。 この神殿は、アスワンハイダムの影響で推移が上昇したため、 ユネスコの支援で、高台へ移設されました。 もともと、年に2回、ラムセス2世の誕生日と即位日に、神殿の奥まで日の光が届き、神殿の奥の像を照らし出すように設計されていましたが、移設によって日にちがずれてしまいました。 それでも現在も観光客の目玉として年に2回には多くの人が訪れます。 しかしながら、アスワンよりもさらに気温があがり、おそらく50C近くあったのではと思います。 もはや日なたは立っていられるような状況ではありませんでした。

1
Museum
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/323/914/medium/IMGP1315.JPG?1512232159

5

コムオンボ神殿

アスワン, エジプト

Shinya

さらに南にあるコムオンボ神殿に向います。 コムオンボ神殿は珍しい遺跡で、入口が2つある左右対称の形をした神殿です。 この神殿には神話か残っているので紹介します。 かつてこのあたりを治めていたホルス神は、頭が鰐のセベク神と戦争をし負けてしまった為この町を追い出されてしまいます。 しかし住民たちはホルス神を慕っていたのでホルス神とともに町を去ってしまった。 困ったセベク神はホルス神に和解を求め、共にこの地を治めることにし、この町には2人の神を祭る入り口が2つある神殿ができたそうです。 つまりこの神殿は入り口が2つ。祀られている神も2つ。 そういった意味で、珍しいということだと、ガイドが教えてくれました。 背景を知ることで、より深く古代の歴史や成り立ちを知ることができますね。

1
Museum
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/323/915/medium/IMGP1320.JPG?1512232190

6

切りかけのオベリスク

アスワン, エジプト

Shinya

市内にある切りかけのオベリスクに到着です。 オベリスクは古代エジプトで製作され、神殿などに立てられた記念碑です。 切りかけのオベリスクはハトシェプスト女王の命で製作が行われ、完成すれば世界最高の高さを誇るものになったと言われています。 オベリスクの製作過程を知るうえで、貴重な遺跡となっています。 皆さんもオベリスクの多くが欧米国で見たことがあるのではないかと思います。 これは19世紀以降、欧米列強がこぞって略奪し、国に持ち帰ったためで、 エジプトに残っているのはごく一部となってしまいました。 エジプトの古代遺跡は、その多くが同じように略奪されており、 海外の博物館などで鑑賞できます。 略奪の結果、その様な事態となったわけですが、一方でその結果、貴重な文化遺産を現在まで良好な状態で維持保存できたものもあり、なんとも皮肉な結果になっています。

1
Museum
> エジプト全体のおすすめ観光・買い物情報
アスワンに旅行のご予定がありますか?
アスワン(エジプト)のおすすめ観光・買い物 アスワン(エジプト)のおすすめ観光・買い物

アスワン(エジプト)のおすすめ観光・買い物 トップへ