Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Abydos (أبيدوس)

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)の口コミ情報と旅行記、Abydos (أبيدوس)までの行き方や地図をまとめています。Abydos (أبيدوس)の他にもワーディー・ゲディード、 エジプトのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん) - 08
Teramoto Itsuki

室内は暗い列柱室ですが、小さな窓から光が射し込み美しさを際立たせていました。 このあとまたルクソールまでの長い道のりを戻りました。今回訪れた2ヶ所は気軽に来られるところではありませんでしたが、時間とお金をかけて来てよかったと思います。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん)
Teramoto Itsuki

デンデラからさらにナイル川を下ったところにあるアビドスの遺跡。ここアビドスはオシリス神復活の地ともされた聖地です。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん) - 02
Teramoto Itsuki

アビドスにあるセティ1世の葬祭殿には色鮮やかに彩られた壁画が多数残されています。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん) - 03
Teramoto Itsuki

列柱室の内部は照明で照らされており、どこか幻想的な雰囲気を醸し出しています。観光客もほとんどおらず(私の他に西欧人の旅行者数名のみ)、静寂に包まれていました。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん) - 04
Teramoto Itsuki

セティ1世と息子ラムセス(のちのラムセス2世)の壁画。ロープで牛を捕らえて捧げ物にしようとしているところだそうです。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん) - 05
Teramoto Itsuki

神殿の外にはオシリオンもありますが、こちらは野ざらしになっています。とは言えそこまで状態が悪いわけではなく、下に降りられるようにもなっています。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん) - 06
Teramoto Itsuki

神殿内部の壁画の中には状態も良好なものが多く、数千年経過しているとは思えないものもあります。照明で照らされていると、さらにはっきりと見て取ることができますね。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード

Abydos (أبيدوس)(ワーディー・ゲディード, エジプト)|ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス(Teramoto Itsukiさん) - 07
Teramoto Itsuki

このあたりの壁画は色鮮やかに彩色されていますね。この日訪れたデンデラとアビドスは内部撮影には寛容なので、写真に収めることができました。人が少なかったのも良かったです。

『 ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス 』より Abydos (أبيدوس), ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード, ワーディー・ゲディード

  • 史跡

  • エピソード・口コミ(8)

    2017.02.12 に訪問

    室内は暗い列柱室ですが、小さな窓から光が射し込み美しさを際立たせていました。 このあとまたルクソールまでの長い道のりを戻りました。今回訪れた2ヶ所は気軽に来られるところではありませんでしたが、時間とお金をかけて来てよかったと思います。

    最終更新:2017.06.28 00:57
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    2017.02.12 に訪問

    デンデラからさらにナイル川を下ったところにあるアビドスの遺跡。ここアビドスはオシリス神復活の地ともされた聖地です。

    最終更新:2017.06.26 09:14
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    2017.02.12 に訪問

    アビドスにあるセティ1世の葬祭殿には色鮮やかに彩られた壁画が多数残されています。

    最終更新:2017.06.26 09:14
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    2017.02.12 に訪問

    列柱室の内部は照明で照らされており、どこか幻想的な雰囲気を醸し出しています。観光客もほとんどおらず(私の他に西欧人の旅行者数名のみ)、静寂に包まれていました。

    最終更新:2017.06.26 09:14
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    2017.02.12 に訪問

    セティ1世と息子ラムセス(のちのラムセス2世)の壁画。ロープで牛を捕らえて捧げ物にしようとしているところだそうです。

    最終更新:2017.06.26 09:14
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    2017.02.12 に訪問

    神殿の外にはオシリオンもありますが、こちらは野ざらしになっています。とは言えそこまで状態が悪いわけではなく、下に降りられるようにもなっています。

    最終更新:2017.06.26 09:14
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    2017.02.12 に訪問

    神殿内部の壁画の中には状態も良好なものが多く、数千年経過しているとは思えないものもあります。照明で照らされていると、さらにはっきりと見て取ることができますね。

    最終更新:2017.06.26 09:14
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    2017.02.12 に訪問

    このあたりの壁画は色鮮やかに彩色されていますね。この日訪れたデンデラとアビドスは内部撮影には寛容なので、写真に収めることができました。人が少なかったのも良かったです。

    最終更新:2017.06.26 09:14
    旅行記 『ルクソールから日帰り周遊で訪れるデンデラとアビドス』 より
    Abydos (أبيدوس)を含む旅行記一覧 Abydos (أبيدوس)を含む旅行記一覧

    Abydos (أبيدوس)を含む旅行記一覧 トップへ