Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Birth house of Dr. Franjo Tuđman

Birth house of Dr. Franjo Tuđman(Krapinsko-zagorska županija, クロアチア)の口コミ情報と旅行記、Birth house of Dr. Franjo Tuđmanまでの行き方や地図をまとめています。Birth house of Dr. Franjo Tuđmanの他にもKrapinsko-zagorska županija、 クロアチアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Birth house of Dr. Franjo Tuđman(Krapinsko-zagorska županija, クロアチア)|トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)
新田浩之(Nitta Hiroshi)

いよいよ着きました。トゥジマンの家。ちなみに、ここを訪れた日本人は私が初めてとのことでした。さすがに嬉しかったですね。駅から歩いて10分です。

『 トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅 』より Birth house of Dr. Franjo Tuđman, Krapinsko-zagorska županija

Birth house of Dr. Franjo Tuđman(Krapinsko-zagorska županija, クロアチア)|トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 05
新田浩之(Nitta Hiroshi)

「自由の列車」。1995年、クニンを首都とするセルビア支配地域がクロアチア軍の攻撃によって崩壊。戦争後、初めてザグレブからスプリットまで鉄道が通じたのです。それを記念した本。

『 トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅 』より Birth house of Dr. Franjo Tuđman, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija

Birth house of Dr. Franjo Tuđman(Krapinsko-zagorska županija, クロアチア)|トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02
新田浩之(Nitta Hiroshi)

最初、閉まっていましたが、すぐに管理人さんが開けてくれました。中は地味な調度品とトゥジマンにまつわる品々が展示されています。

『 トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅 』より Birth house of Dr. Franjo Tuđman, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija

Birth house of Dr. Franjo Tuđman(Krapinsko-zagorska županija, クロアチア)|トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 03
新田浩之(Nitta Hiroshi)

若き日のフラーニョ少年です。青年時代はチトー率いるパルチザン部隊で活躍しました。意外と知られていない歴史ですが。

『 トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅 』より Birth house of Dr. Franjo Tuđman, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija

Birth house of Dr. Franjo Tuđman(Krapinsko-zagorska županija, クロアチア)|トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 04
新田浩之(Nitta Hiroshi)

トゥジマンとシュシャク防衛大臣です。シュシャクはカナダ系の移民で独立後、クロアチアの防衛大臣に就任。移民の方が民族主義者が多いのが特長です。

『 トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅 』より Birth house of Dr. Franjo Tuđman, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija, Krapinsko-zagorska županija

  • 美術館・博物館

  • エピソード・口コミ(5)

    2011.09.12 に訪問

    いよいよ着きました。トゥジマンの家。ちなみに、ここを訪れた日本人は私が初めてとのことでした。さすがに嬉しかったですね。駅から歩いて10分です。

    最終更新:2017.08.10 09:32
    旅行記 『トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅』 より
    2011.09.12 に訪問

    「自由の列車」。1995年、クニンを首都とするセルビア支配地域がクロアチア軍の攻撃によって崩壊。戦争後、初めてザグレブからスプリットまで鉄道が通じたのです。それを記念した本。

    最終更新:2017.06.26 07:09
    旅行記 『トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅』 より
    2011.09.12 に訪問

    最初、閉まっていましたが、すぐに管理人さんが開けてくれました。中は地味な調度品とトゥジマンにまつわる品々が展示されています。

    最終更新:2017.06.26 07:09
    旅行記 『トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅』 より
    2011.09.12 に訪問

    若き日のフラーニョ少年です。青年時代はチトー率いるパルチザン部隊で活躍しました。意外と知られていない歴史ですが。

    最終更新:2017.06.26 07:09
    旅行記 『トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅』 より
    2011.09.12 に訪問

    トゥジマンとシュシャク防衛大臣です。シュシャクはカナダ系の移民で独立後、クロアチアの防衛大臣に就任。移民の方が民族主義者が多いのが特長です。

    最終更新:2017.06.26 07:09
    旅行記 『トゥジマンとヤセノヴァツ強制収容所への旅』 より
    Birth house of Dr. Franjo Tuđmanを含む旅行記一覧 Birth house of Dr. Franjo Tuđmanを含む旅行記一覧

    Birth house of Dr. Franjo Tuđmanを含む旅行記一覧 トップへ