Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Cn Logbooks (Travelogs) about "初めての旅" in China

This is a summary of all the Logbooks (Travelogs) related to 初めての旅 that we have available for the China area. Please go ahead and click on them if you want to read their contents. Does reading about 初めての旅 in China make you want to go there too? In that case let's start planning your next trip!

はじめて三人旅

初めての旅
はじめて三人旅

2014-08-13 - 2014-08-14

  • 21Episodes
  • ナガイミホ
私は3年ぶり、長男は6年ぶり3回目、次男は初めてのバリ島 そして初めての三人旅 息子たちはトトのいないこの旅に渋々同行 さて、どうなりますやら....

Travel Collector: ナガイミホ

  • 2
  • 352 views

中国最大の都市、上海から蘇州・無錫へ!

初めての旅
中国最大の都市、上海から蘇州・無錫へ!

2006-11-09 - 2006-11-12

  • 11Episodes
  • Takami Kino
初めての上海だったので、上海・蘇州・無錫と定番の観光地をめぐり、小龍包や上海蟹などの上海名物もいただきました☆☆ 古さと新しさが混在した中国最大の都市、上海を体験してきました。

Travel Collector: Takami Kino

  • 0
  • 1576 views

【ラピュタの世界ベンメリア遺跡】カンボジアでトゥクトゥクチャーター1人旅

一人旅
【ラピュタの世界ベンメリア遺跡】カンボジアでトゥクトゥクチャーター1人旅

2012-08-12 - 2012-08-13

  • 31Episodes
  • Asami  Yamada
初めての海外一人旅カンボジア。個人旅行するのも初めて。 しかも当時は英語も中学生レベル以下で、不安だらけの出発でした。 [旅の予算] 航空券/関空⇆シェムリアップ 64,000円 ホテル2泊 8,500円 トゥクトゥクチャーター代 4,000円 (初日の空港送迎&翌日の出〜夕方まで) 円高のピークだったこともあり、かなり安く済みました。 今の円安は海外旅行好きには厳しいですね。。。

Travel Collector: Asami Yamada

  • 2
  • 6410 views

初めての北京観光!世界遺産を巡る歴史旅

世界遺産
初めての北京観光!世界遺産を巡る歴史旅

2013-06-24 - 2013-06-26

  • 10Episodes
  • Takako Mamiya
初めての北京観光。 天壇や故宮(紫禁城)、頤和園を訪れながら、中国の歴史を感じてみる。 天安門広場や鳥の巣のスケールの大きさにも驚き。さすが中国!何もかもがスケール大きい。 現代アート好きとしては、798芸術区も見どころ満載でした。 「歴史」も「今」も感じられた、欲張りな北京観光旅行の記録。

Travel Collector: Takako Mamiya

  • 0
  • 645 views

世界遺産とグルメを楽しむ!はじめての北京☆

世界遺産
世界遺産とグルメを楽しむ!はじめての北京☆

2012-10-05 - 2012-10-06

  • 10Episodes
  • Mikan Hana
絶景の世界遺産と、面白グルメ!中国初心者の私でもたっぷり遊べました! 圧巻の中国の世界遺産の規模に、驚きと感動の旅行でした☆

Travel Collector: Mikan Hana

  • 1
  • 2049 views

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで🚖 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2369 views

上海、凄い経済発展の裏に、取り残された街並みと、必死の婚活~中国

廃墟エリア侵入
上海、凄い経済発展の裏に、取り残された街並みと、必死の婚活~中国

2013-03-10 - 2013-03-10

  • 30Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
2013年3月9日~11日 LCC航空利用のの上海個人旅行、2日目 ◇行程 ホテル🚶…🚌…(地鉄)、川沙駅🚇2号線…(南京東路)…🚶…(🍴)…人民広場…🚶…(廃墟エリア)…東方明珠電視塔…🚶…陆家嘴駅🚇2号線…川沙駅…🚌…🚶…ホテル 9時17分~21時前 ◇旅費 🚌:ホテル前~川沙駅近く2元×2 🚇:川沙⇒南京東路(陆家嘴)5元×2 南京東路⇒陆家嘴3元 昼飯;68元 晩飯:13元 東方明珠電視塔;150元(カード可) ◇見所 ・裏路地・人民広場(婚活)・再開発エリア(ぶっ壊し中)・東方明珠電視塔 一度、バスに乗ると安いし、窓からの風景が見れて結構楽しい。川沙駅までの行き方が分かると不安も消え、到着後、復路の最終バス時刻を確認し20~30倍のタクシー代をケチろうと画策( 一一) ◇地鉄2号線、 「广兰路」での乗り継ぎに注意! 案内図や車内の案内板でも注意を呼び掛けているが、全ての電車、この駅で折り返しとなる。乗客は全員降りることになる。同じホームの、反対側の電車に乗り換える。 1回目、知らずに乗ったまましてると、親切な可愛いお姐さんが“あんたなんばしよとぉ~乗り換えんといかんとバイ!”と教えてくれた。中国人の印象アップ(*^^)v 南京東路エリアは上海一の繁華街。歩行者天国になっているみたいで、凄い人混み。中々みんなお洒落だよなぁ…変な連結ミニバスが走っている。 私は適当に路地を入ったところで昼飯。 腹を満たしたところで、適当に散策… ★人民広場 人混みを避け、休憩がてらに訪れると面白い光景に出くわした。NHKBSの“世界触れ合い街歩き”でも紹介されたが、公園を占拠する勢いで、婚活の老弱男女の人民ども…いやいや、TVと同じ風景が広がったことに、大いに感動してしまった。 良く見ると、プロの斡旋氏(やり手婆?)なんかも、幅を利かせ、実績があるような奴のところには人が大勢!本人というよりもお袋さんが熱心にやっているみたいで…また、釣書きには、色気でたぶらかそうと、エロい自分の写真とかも出しているお姐さんがいたりして…みてて、その熱気に圧倒され、非常に面白かった。 正直、下手な観光地よりかよっぽど良い! その後、人混み嫌いなので、裏路地なんかを歩いていると何時の間にか、再開発エリアに迷い込んだみたい(笑) 大発展中の中国のそのまた、発展著しい上海。その中で取り残された、或は強制立ち退きでもあったのだろう、コンクリートがボコボコに壊されている、ところがあったのでつぶさに見学。影の部分かな… 更に歩きまわって(というか、道に迷ったみたいで 笑)何とか川縁に到達。あの有名なタワーは反対側なので、隧道を潜っていこうと思うも、滅茶、高いということが分かり、遠回りであったが、1駅間地下鉄を利用、3元はどう考えても安い(*^^)v ◇東方明珠電視塔 上海のシンボル的タワー…中国の近未来、現在の発展を語るときには、まずは出て来るシンボル的タワーだね。高さ468mで3つの展望台がある。下球・上球・スペースキャビンで、下より90m、250mくらい、350mくらい。夫々に行くコースがあって料金が違う。弧を描いたような長江越しに、発展著しい上海の眺めは迫力ある。 晩飯は、一人だし、金もなく探すのも面倒になって、適当なラーメン屋さんに…ここはメニュー表もなく、壁に掲げてあるのみ👉ジャンプ指差し( 一一) 帰りも駅から、バスに(多分最終)乗れて無事ホテルに戻ってこれた。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 1075 views

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

世界一の棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

2014-04-04 - 2014-04-05

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 世界遺産ではあるが、観光🚌どころか元陽の街自体へのaccessも大変。 行き方;雲南省の省都、昆明(上海から多数の航空便で約2時間)から長距離バスで約6時間、1日に数便、128元。しかも元陽を目の前にしたところで、大規模な交通事故に遭遇。大型トラックが畑に突っ込むは、道を塞ぐはで、1時間半くらいの足止め( 一一) それでも、親切な中国の女子学生が「道分んなくなったら、電話かけていいよぉ~」と(英語だけど…)夜ホテルへの帰り道が分かんなくなったら、薬局屋の親父が、店空けてまで、連れて行ってくれたり、ビックリするくらいの親切。 極み付けは、2日目の棚田を一緒に回ってくれたCRVに乗って昆明から来た家族旅行の中国人4人!1日一緒に回ってくれた上に、昼ご飯も奢ってくれた。最後はホテルまで送ってくれたのに、頑として謝礼を受け取らなかった。世界遺産の棚田は素晴らしかったが、それ以上の感動を貰った旅行だった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 242 views

上海での乗り継ぎで時間は、南京東路で昼ご飯&裏路地散策

上海
上海での乗り継ぎで時間は、南京東路で昼ご飯&裏路地散策

2014-02-20 - 2014-02-20

  • 16Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の全制覇をもくろむための、第1次遠征旅行の1日目。 ◇旅程 福岡✈上海浦東空港1H40🚇南京東路1H:昼ご飯&最終日ホテルの場所確認🚇上海浦東空港✈烏魯木斉(ウルムチ)何と5時間20分、実質的時差2時間!21時35分到着予定も40分以上遅れて、ホテル着は23時過ぎ( 一一) ◇旅行 13日間の1日目は自宅を午前に出発して9時50分発の便に乗り10時30分に上海着。 約6時間時間があるので、地下鉄で南京東路まで出て昼ご飯とホテル下見&裏路地の散策。空港に戻って烏魯木斉行きの飛行機を待つのは良いが、何の案内もなしに出発が40分も遅れる(+_+)  其のせいで、烏魯木斉に着いたのは22時過ぎで、ホテル着も23時でヘロヘロな1日!

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 437 views

新しい中国の世界遺産、天山山脈:1980mの凍り付いた天池には驚愕

天山山脈
新しい中国の世界遺産、天山山脈:1980mの凍り付いた天池には驚愕

2014-02-21 - 2014-02-21

  • 20Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
13日間で中国世界遺産の5か所を回る個人旅行。 2日目は天山山脈。2013年に新たに登録されたばかしの、中央アジアを国境を越え数千キロにもわたる、壮大な山脈だ。 事前の調査により、起点となる新彊ウィーグル自治区の省都、烏魯木斉(ウルムチ)からは冬季は一切の公共交通機関が出ていないとのこと(どんだけ極寒の地か?) 仕方なく、ガイドと専用車を雇い約1時間40分かけて、高速も使い向かう。 オフシーズンということで、旅行会社の部長の解さん自ら、自家用車持ち込みハンドルを握る。ガイドの寧さんとも日本語は流暢。 烏魯木斉:242万人、思ってる以上の大都市で、泊まっているホテルも含め中心部は他の中国の都市や日本と変わりはない。 新彊ウィーグル自治区:中国最大の省?自治区で日本の面積の役4.5倍。よく中国官憲との衝突やテロが喧伝されているが、私が回ったところでは、そのような兆候は皆無。新彊自治区だけでも十数以上の少数民族が暮らしている。実は4日目のハミでのガイドと専用ドライバーはウィーグル族で、漢人の解さんが友人のウィーグル族のガイドに現地でのガ手配を依頼している。だから通常は、マスコミの報道とは違い漢人とウィーグル族は仲良くやっている。 兎に角、中国でもかなりの奥地で、日本人皆無の土地で旅行を満喫できた。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 230 views

ウルムチで雪の紅山山公園、楼蘭美女のミイラ、そして南山牧場で遊覧飛行

紅山公園
ウルムチで雪の紅山山公園、楼蘭美女のミイラ、そして南山牧場で遊覧飛行

2014-02-22 - 2014-02-22

  • 22Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産制覇の第一次遠征旅行13日間の3日目。 旅程:①紅山公園:ホテルから単独調査 ②新彊ウィーグル自治区博物館:専用車 ③南山牧場:専用車 ④深夜の夜行快速列車でハミへ(軟座寝台) 紅山公園:ホテルから13分くらい。一面雪化粧の広大な公園。小山になっていて、遊歩道の両側に氷の彫刻が楽しい。頂上付近からの眺めの良い。 博物館:NHKのテレビで見た、ミイラの楼蘭美女に対面。保存状態が良くて美しい。他にも男のミイラや少数民族の生活を蝋人形で展示している。驚くべきことに無料! 南山牧場:南へ高速も使いながら1時間40分ほどで到着。見た感じは大規模スキー場 なんか拍子抜けするも、富裕層の中国人の生の姿に触れらたのは良かった。生まれて初めてウルトラライトプレーンで遊覧飛行。 深夜:寂しくウルムチ駅で数時間過ごし、空調快速でハミへ。軟座寝台は4人のコンパートメントをイビキが殺人的な中国人と同室に(ほとんど寝れず( `ー´)ノ

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 347 views

初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激

SL撮影
初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激

2014-02-22 - 2014-02-23

  • 20Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産48全制覇の第1次中国調査旅行、3~4日目 旅程:ウルムチ駅23時55分発、空調快速K9782軟座寝台(205元)ハミ南7時35分着。 手配していたウィーグル族の専用車・ガイドと落ちあい、2時間ほどかけて三道嶺炭鉱の構内線へ。SLを反日程撮影後、ハミ市内に戻り観光後、ホテルへ。 使命感は全くなくて、単なる鉄ちゃんに戻る(笑)事前調査中にSLがハミで走っていることが分かり、無理やり行程に入れた。三道嶺はハミ市内から相当離れているので、烏魯木斉でお世話になった解さんに依頼して専用車&ガイドを手配してもらう。日本などの保存鉄道とは違い、生きている現役のSLの活躍を見れて大感激。また朝食や昼御飯はイスラム料理店に連れて行ってもらい、現地料理に舌鼓。最後にはガイドさんの友達の家まで連れて行ってもらい、原住民の生活にも触れて、内容が濃いい旅行となった。 ガイド等の手配は、当然に高くはなるが、それ以上の収穫もあるので目的によっては手配することもありカナと…私はガイドブックに掲載していた旅行者にメールを数階やり取りして、意向を伝え依頼した。大正解!

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 819 views

ニーハオトイレに驚き、丸焼けトラックに驚いての、ハミから敦煌までバス旅

トラック丸焼け
ニーハオトイレに驚き、丸焼けトラックに驚いての、ハミから敦煌までバス旅

2014-02-24 - 2014-02-24

  • 18Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産48全制覇をもくろんでの第1次中国遠征旅行:5日目 旅程:ハミ9時発…🚌…敦煌 約6時間、80元 BTから…🚶…約15分でホテル ホテル周辺散策、イスラム寺院や夜市など。 バスの切符は昨日、ガイドに買ってもらう。バスターミナルまでは最寄りのバス停からバスを待つも、来ないのでタクシーで。20元くらいか?鉄道と同じで、荷物のX線検査を通る。トイレは待合室の外にあるのだが、何と1元も取るうえに汚く、更にはお隣との衝立も正面にも扉の無い所謂“ニーハオトイレ”の洗礼を受ける。 高速道路は荒涼とした光景を🚌は結構飛ばす…砂漠の様な感じで、見るとトラックが丸焼けになっていた。これ以降、結構事故は見かける。マナー悪いし飛ばして譲らないからねぇ~ 敦煌に近づくいて高速を降りると、滅茶苦茶未整備道路となり、乗り心地は今までで最悪を体験する。ホテルは経済型ホテルで、日本円で2700円くらいだったが、オーナーもスタッフも感じよくて、新しくて清潔。いっぺんで気に入って、以後、積極的のこのタイプのホテルを選ぶようになる。 ホテル着後は、近辺の散策、イスラム寺院や夜店など…デポジットで2泊分とられたので中国元が、殆どなくなり夜は屋台での食事に(笑)

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 336 views

ガッカリ世界遺産筆頭:中国雲南省の澄江・動物群国家地質公園

3輪バイク
ガッカリ世界遺産筆頭:中国雲南省の澄江・動物群国家地質公園

2014-04-01 - 2014-04-02

  • 22Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
第2次中国世界遺産調査旅行の4~5日目(10日間) 雲南省の省都、昆明は街には木々や花があふれて、上海なんかと比べて自然が豊かで気候も温暖で過ごしやすそうな町だ。 しかし悲しいことに、新彊ウィーグル自治区の独立を目指す過激派(といわれている)による無差別テロが昆明駅間広場で2014年3月1日に29人が死亡したテロが行われたのである。実は私、前日まで第1次中国遠征で昆明にいた。ここでは政治的なことを言明するところではないが、彼らの犯行を強く非難するとともに、犠牲者に哀悼と遺族にはお見舞いを申し上げたい。 昆明にも幾つもバスターミナルがあり、到着翌日は、1時間20分くらいで昆明南バスターミナルから澄江に到着。世界遺産の化石を見に行くのだ。 しかしバスがあるわけでもなく、タクシーか3輪バイクをチャーターするほかなく、同じなら可愛い女の子の運転手が良い(笑)ということで、料金交渉して乗車。 途中、恐ろしいほどの悪路と急勾配と乗り心地の悪さに辟易!その上に、途中人家の無い山奥でエンジンが止まり、どうしようかと思った。幾つものトラブルや事故は経験したが、正直この時ほど生命の危険を感じたことはない。 数分でエンジンがかかりホッ……そこまで苦労して辿り着いた、化石群は…… もう言葉が出ないほどのガッカリで…中国政府も分かってらっしゃるみたいで、入場料も取らなければ、係員もいない。客は私を入れて2組だけ! 恐らく「ガッカリ世界遺産」筆頭に来ることは間違いない。ここまで、ガッカリさせて経路の方が面白い世界遺産は無いだろう。ある意味、天晴かもしれない。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 247 views

とても親切人の中国人、世界遺産・石林で迷った私をバス停まで連行

親切中国人
とても親切人の中国人、世界遺産・石林で迷った私をバス停まで連行

2014-04-03 - 2014-04-03

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の調査のための第2次中国遠征。 6日目(10日行程)の今回は世界遺産の責任の調査。 8時前にはホテルを出発し屋台でオムレツみたいなのを食べ、昆明駅前から東バスターミナルへ向かう。1時間29分で着いた石林のバスターミナルはどう見ても、世界遺産がある雰囲気ではなく小さな町のターミナル。石林の地図なんてもってなくて、何処をどう行ったら良いのか分からず、闇雲に歩いて途方に暮れてしまう。 そこで思い切って、お店に入ってアンちゃんに道を訊ねる。アンちゃん、何と店を空けて歩道に出て、私を誘導して何百メーターも歩いてバス停まで案内するではないか!そして私を「石林風景区」へ行くバスに乗せる…もう親切中国人、素晴らしすぎますぜっ。石林のの世界遺産も素晴らしかったが、こんな人民の優しさに触れたことの方が、良き思い出となった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 209 views

雑多な西安駅前広場…兵馬俑行きのバス探すのが大変…文化遺産としては最高峰

兵馬俑
雑多な西安駅前広場…兵馬俑行きのバス探すのが大変…文化遺産としては最高峰

2014-02-27 - 2014-02-27

  • 23Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産48か所全制覇を目論んでの第1次中国遠征旅行、8日目 ◇目的:もうユネスコ世界文化遺産、兵馬俑を見るしかないでしょう。 そのために、単なる通過点の西安の飛行機の便を目いっぱい遅らせたくらいなんで。 ホテルのすぐ近くにバス停あって、西安駅まではスムーズに出れたが…しかし西安駅前は、もう広大で雑多で、バス乗り場がどこらにあるのか、全然分からない(それなし委案内板はあるのだが分かりにくい)やっと見つけ出して乗車。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 413 views

壮大過ぎて言葉が出ないほどの中国世界遺産、三江併流…圧倒される!

虎跳峡
壮大過ぎて言葉が出ないほどの中国世界遺産、三江併流…圧倒される!

2014-03-01 - 2014-03-01

  • 18Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
第2位の世界遺産大国中国、48全制覇を目論んでの第1次遠征調査旅行の10日目 私の中では最高の景色だった。日本では絶対に見られない、大陸国家中国ならではの壮大過ぎる風景。3000mの落差のある渓谷に、大水量の川が流れている。私はこれまで、このような大迫力の河川を見たことはない。恐らく対抗するのはグランドキャニオンぐらいだろう。この虎跳峡と言う展望台は1時間半くらいの滞在だったが、私の中では未だに強く、その光景が焼き付いて離れない。 但し、公共交通機関は望めないので、香格里拉か麗江から車をチャーターするしかないだろう、私は3日間専用車とがガイドを雇った。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 251 views

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

家族旅行に便乗
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 19Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、昆明からドライブで来ていた程さん家族との昼食まで話した。ココでもプチ感動なのだが、何と昼食を奢って戴いた。よくBSの旅番組でやらせっぽく、知り合った現地の人と仲良くなりご馳走をされる……まさか自分が体験できるとは思っていなかったので、未だに思い出しても感動がよみがえってくる。 今回は後半戦でメインの展望台2つ。これがやや傾きかけた太陽の光線により、更に壮観な美しさを見せる。最後の方には綺麗な民族衣装の少女も…そして… 降り出した大雨の中、怒涛のゴール、ホテル到着。恐らくは、数多くの海外旅行の中で最高の感動を与えてくれた。このような人たちが中国にいる限り、私は政府や一部の連中がどうであれ、中国とは付き合うに値する国だと心底思う。 どうぞ、本編をご覧いただきたい。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 207 views

Logbooks (Travelogs) about "初めての旅" in China Logbooks (Travelogs) about "初めての旅" in China

Back to Top of Logbooks (Travelogs) about "初めての旅" in China