Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

China Travel Logs of "一人旅"

This is a summary of all the Travel Logs related to 一人旅 that we have available for the China area. Please go ahead and click on them if you want to read their contents. Does reading about 一人旅 in China make you want to go there too? In that case let's start planning your next trip!

上海浦東空港にて5時間あまりのトランジット。 どうせなら上海を最大限に満喫したい! 上海の定番コースを女子一人で回ってきました。 陸家嘴駅/上海タワー/濱江大道/外灘/上海フェリー/豫園/Maglev

Alice

Alice

2013-10-22 - 2013-10-22 , 1days

  • 29
  • 10k+
  • 16

父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

Akira Naito

Akira Naito

2008-03-19 - 2008-04-06 , 19days

  • 119
  • 8783
  • 52

GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

Daisuke Taniwaki

Daisuke Taniwaki

2014-05-02 - 2014-05-11 , 10days

  • 132
  • 7677
  • 26

人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで? 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2013-03-09 - 2013-03-09 , 1days

  • 20
  • 6336
  • 27

今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

Seki

Seki

2014-07-16 - 2014-07-26 , 11days

  • 90
  • 5532
  • 30

外灘(バンド)の夜景は租界が色濃く残る不思議な空間、かと思えば高層ビルがどんどん建設され、ちょっと近未来っぽい雰囲気になっている東方明珠塔の建つ浦東。 外灘を街歩きしながら上海夜景を楽しむもよし、クルーズに乗って黄浦江を巡ってみるもよし、上海の人気スポットを街歩きしてみました。

Nadeshiko  Yamato

Nadeshiko Yamato

2009-05-30 - 2009-05-30 , 1days

  • 4
  • 5243
  • 10

今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

Akira Naito

Akira Naito

2008-04-14 - 2008-04-17 , 4days

  • 18
  • 4844
  • 9

カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

Shohei Watanabe

Shohei Watanabe

2013-08-01 - 2013-08-08 , 8days

  • 27
  • 4440
  • 27

中国世界遺産、48全制覇を目指しての第5次遠征、個人旅行。5日目西安✈敦煌 8時過ぎの西安駅前は、その時間が嘘のような早朝の雰囲気…中国は北京時間しかないので時間は同じだが、実質には1時間以上の時差はある。だから朝は遅い。そして西安駅は雑多で、何十年か前の中国の香りがプンプンする(笑)長距離列車で早朝に着いた…そんな感じだ。寒いのでスーパーで手袋を買う。15元は安いかな。空港行のバス発着所はバスターミナルでなく道端から…?…✈ 敦煌行の飛行機には時間ギリギリでその成果、ロストバゲッジをしてくれた(笑)初めてのことでうろたえてしまう。他に同志2人がロストバゲッジ。言葉が通じない中、一人女の子が片言ながら、英語にしてくれて、翌日に電話をしろとのこと…(普通は向こうから掛けるだろう( `ー´)ノもう、貴重品やパスポート、旅程表等を除いて、全てが無い状態…いっぺんに活動意欲が無くなるなぁ…本当に自分は小心者だなぁと思い知る。ただ、訪問2回目ということと、小さな町ということが、せめてもの慰めかな(´・ω・`)

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2015-12-04 - 2015-12-04 , 1days

  • 8
  • 3432
  • 31

中国の世界遺産48全制覇を目論んでの第3次遠征。四川省至れり尽くせりの周遊ツアーに潜入。今回は6日目の夕ご飯とマッサージ出撃、翌日の蛾眉山登山の前半戦。 ホテルの夕食だが、相変わらずレベルが上がって高級で美味い中華。毎日歩き疲れて、マッサージに行こうということで、同室や旅慣れているおいちゃんなんかから情報を仕入れ、ガイドを通さず行けば安いというのが判明し、出撃っ…そこは何と…セクシーなお姉ちゃんが…ㇺフフフ…てなことはないが、少々ドキドキはしましたぜっ? 翌日の蛾眉山でも、何故かセクシー姉ちゃんが登場? デカい猿まで出現し、中国の奥深さを実感の巻(笑)

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-21 - 2014-04-22 , 2days

  • 8
  • 3427
  • 29

いつぞやテレビか何かで見てからその名にも街の景色にも惹かれていきたいと願っていた場所【鳳凰】 豊かな川沿いに建ち並ぶ古い町並みはそれこそ歴史の只中に紛れ込んだかのようなノスタルジックな雰囲気。 エアーでひとっ飛びとかできないのでそれなりに時間がないと訪れることもできなさそうなのがこの景観を守ってくれてたのかもしれない。 ちょうど一年ほど前の2014年7月16日。 この街が大水害に見舞われたとのニュースが飛び込んできた。 とてもとても悲しく辛い出来事。 被災された人々、復旧に向けて今なお懸命に生きている人々。 そんな人々への祈りを込めて。 1日でも早くかつての賑わいが戻りますように。

Akira Naito

Akira Naito

2008-06-22 - 2008-06-25 , 4days

  • 66
  • 2965
  • 53

中国上海郊外、浙江省に属する嵊泗(ジョウシ)列島。その東端に位置する枸杞(クコ)島には、緑に飲み込まれた廃村が存在します。現在では、“中国でもっとも美しい無人村”として人気急上昇の観光スポットなんです。 ------------------------------------------ Guoqi island is lodated in the easternmost of Shengsi islands, Zhèjiāng, and the suburb of Shanghai, China. There is a small uninhabited village called " Houtouwan" covered by Green leaves or moss. This is called " the most beautiful uninhabited village of China".

Mayumi

Mayumi

2017-10-23 - 2017-10-23 , 1days

  • 28
  • 2939
  • 57

「中国にもマチュピチュがある!」そんな情報を聞いて目指したその場所。 雲南省の世界遺産にもなっている少数民族納西(ナシ)族自治州の麗江からさらにさらに道の奥。

Akira Naito

Akira Naito

2004-03-01 - 2004-03-01 , 1days

  • 12
  • 2752
  • 3

中国の東北地方・遼寧省にある盤錦市で見られる、一年に一度この時期にしか見られない奇跡の絶景。 マツナという海藻類の一種が9月中旬から10月上旬にかけて真っ赤に紅葉します。 まだまだ日本人にはなじみの薄いエリアで、これ以外何もないど田舎ですが、一見の価値ありです。

Mayumi

Mayumi

2015-09-20 - 2015-09-20 , 1days

  • 19
  • 2556
  • 17

前々から興味のあった、中国のシリコンバレー・深セン(深圳)。 深セン出身の友人ができたこと、香港から電車で数十分の距離ということを知ったこともあり、すぐに香港行きのチケットを手配して週末を利用してようやく訪問しました! とにかく「スゴい」の一言に尽きるのですが、中国と日本の間で広がりつつある格差の根幹、そして世界のMakersムーブメントを支える都市とそこで生活し、働く人々をこの目で見ることは、大きな刺激となりました。 参考までに、下記の旅行記で香港から深センへの行き方を紹介しておりますので、興味のある方は併せてご覧いただけたら幸甚です。 https://www.compathy.net/tripnotes/26728

Horie Kentaro

Horie Kentaro

2017-04-15 - 2017-04-19 , 5days

  • 51
  • 2415
  • 52

2013年3月9日~11日 LCC航空利用のの上海個人旅行、2日目 ◇行程 ホテル?…?…(地鉄)、川沙駅?2号線…(南京東路)…?…(?)…人民広場…?…(廃墟エリア)…東方明珠電視塔…?…陆家嘴駅?2号線…川沙駅…?…?…ホテル 9時17分~21時前 ◇旅費 ?:ホテル前~川沙駅近く2元×2 ?:川沙⇒南京東路(陆家嘴)5元×2 南京東路⇒陆家嘴3元 昼飯;68元 晩飯:13元 東方明珠電視塔;150元(カード可) ◇見所 ・裏路地・人民広場(婚活)・再開発エリア(ぶっ壊し中)・東方明珠電視塔 一度、バスに乗ると安いし、窓からの風景が見れて結構楽しい。川沙駅までの行き方が分かると不安も消え、到着後、復路の最終バス時刻を確認し20~30倍のタクシー代をケチろうと画策( 一一) ◇地鉄2号線、 「广兰路」での乗り継ぎに注意! 案内図や車内の案内板でも注意を呼び掛けているが、全ての電車、この駅で折り返しとなる。乗客は全員降りることになる。同じホームの、反対側の電車に乗り換える。 1回目、知らずに乗ったまましてると、親切な可愛いお姐さんが“あんたなんばしよとぉ~乗り換えんといかんとバイ!”と教えてくれた。中国人の印象アップ(*^^)v 南京東路エリアは上海一の繁華街。歩行者天国になっているみたいで、凄い人混み。中々みんなお洒落だよなぁ…変な連結ミニバスが走っている。 私は適当に路地を入ったところで昼飯。 腹を満たしたところで、適当に散策… ★人民広場 人混みを避け、休憩がてらに訪れると面白い光景に出くわした。NHKBSの“世界触れ合い街歩き”でも紹介されたが、公園を占拠する勢いで、婚活の老若男女の人民ども…いやいや、TVと同じ風景が広がったことに、大いに感動してしまった。 良く見ると、プロの斡旋氏(やり手婆?)なんかも、幅を利かせ、実績があるような奴のところには人が大勢!本人というよりもお袋さんが熱心にやっているみたいで…また、釣書きには、色気でたぶらかそうと、エロい自分の写真とかも出しているお姐さんがいたりして…見ていて、その熱気に圧倒され、非常に面白かった。 正直、下手な観光地よりかよっぽど良い! その後、人混み嫌いなので、裏路地なんかを歩いていると何時の間にか、再開発エリアに迷い込んだみたい(笑) 大発展中の中国のそのまた、発展著しい上海。その中で取り残された、或は強制立ち退きでもあったのだろう、コンクリートがボコボコに壊されているところがあったのでつぶさに見学。影の部分かな… 更に歩きまわって(というか、道に迷ったみたいで(笑)何とか川縁に到達。あの有名なタワーは反対側なので、隧道を潜っていこうと思うも、滅茶、高いということが分かり、遠回りであったが、1駅間地下鉄を利用、3元はどう考えても安い(*^^)v ◇東方明珠電視塔 上海のシンボル的タワー…中国の近未来、現在の発展を語るときには、まずは出て来るシンボル的タワーだね。高さ468mで3つの展望台がある。下球・上球・スペースキャビンで、下より90m、250mくらい、350mくらい。夫々に行くコースがあって料金が違う。弧を描いたような長江越しに、発展著しい上海の眺めは迫力ある。 晩飯は、一人だし、金もなく探すのも面倒になって、適当なラーメン屋さんに…ここはメニュー表もなく、壁に掲げてあるのみ?ジャンプ指差し( 一一) 帰りも駅から、バスに(多分最終)乗れて無事ホテルに戻ってこれた。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2013-03-10 - 2013-03-10 , 1days

  • 1
  • 2380
  • 30

中国湖南省、武陵源の一角にある張家界大峡谷。そこには世界最長400m、高さ300mを誇るガラスの吊り橋が存在します。その体験リポートです。 ---------------------------------------- The world's longest Glass Bridge is located in Zhangjiajie Grand Canyon, Hunan, China, near Wulingyuan scenic area of the world heritage. The bridge, opened to the public on August 20, 2016, measures 430 metres in total length and 6 metres in breadth, and is suspended about 260 metres above the ground.

Mayumi

Mayumi

2017-10-21 - 2017-10-22 , 2days

  • 27
  • 2346
  • 40

上海市の郊外にある上海影視楽園はレトロな時代を再現した撮影所で、私の好きな映画・『カンフーハッスル』(原題・功夫)のロケ地ということもあり、訪問することにしました。中国の撮影所(いわゆる映画村)は広大なロケ地に立派な建物でその時代を再現していることが多いので、近くまで行ったら訪問することをお勧めします。

Takeshi  Sekigami

Takeshi Sekigami

2014-01-04 - 2014-01-04 , 1days

  • 1
  • 2332
  • 15
Planning your trip to China?

Cities in China for 一人旅

Popular Travel Themes in China

China Travel Logs of "一人旅" China Travel Logs of "一人旅"

Back to Top of China Travel Logs of "一人旅"