Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Cn Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「絶景」のおすすめ旅行記(ブログ)

Yunnan(中華人民共和国 (中国))の絶景をテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。絶景についての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

中国雲南省の桃源郷シャングリラ。イギリスの小説『失われた地平線』で描かれている理想郷・シャングリラのモデルだと主張して改名した、何とも大胆な町です。中心部は近年の火事で半分焼失してしまったものの、歴史的な家々が立ち並ぶ観光地で、近郊に足を伸ばすとまだ手つかずの大自然が広がっています。ここはもともとチベット文化圏で、チベット料理・寺院、民族衣装を着たチベット人に会うことができます。

Sara Kobayakawa

Sara Kobayakawa

2015-03-28 - 2015-03-29 , 2days

  • 45
  • 326
  • 17

雲南省元陽県の山深い山間にある元陽棚田。中国唐の時代より受け継がれる圧巻の5000段もの棚田は、2013年、世界遺産に認定されました。 その登録の1年前、2012年の、あの反日運動が過激化し、日中関係にただならぬ緊張感が走った当時の中国でひとり旅した記録の一つです。

Mayumi

Mayumi

2012-09-20 - 2012-09-20 , 1days

  • 24
  • 669
  • 30

中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、昆明からドライブで来ていた程さん家族との昼食まで話した。ココでもプチ感動なのだが、何と昼食を奢って戴いた。よくBSの旅番組でやらせっぽく、知り合った現地の人と仲良くなりご馳走をされる……まさか自分が体験できるとは思っていなかったので、未だに思い出しても感動がよみがえってくる。 今回は後半戦でメインの展望台2つ。これがやや傾きかけた太陽の光線により、更に壮観な美しさを見せる。最後の方には綺麗な民族衣装の少女も…そして… 降り出した大雨の中、怒涛のゴール、ホテル到着。恐らくは、数多くの海外旅行の中で最高の感動を与えてくれた。このような人たちが中国にいる限り、私は政府や一部の連中がどうであれ、中国とは付き合うに値する国だと心底思う。 どうぞ、本編をご覧いただきたい。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-05 - 2014-04-05 , 1days

  • 24
  • 340
  • 19

外国人には厳しい入域制限が課されたチベット自治区へ。 壮大な自然の中で育まれたチベットの人たちの信仰の力強さを感じた旅。

Daishi Miyamoto

Daishi Miyamoto

2012-07-29 - 2012-08-11 , 14days

  • 17
  • 411
  • 14

中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、ホテルで宿泊していた中国人に声がけして、観光拠点となる新街鎮バスターミナルまで送ってもらう作戦にでたところまで執筆した。 今回は、そこからの物語… 何となく、バスターミナルらしいところを通ったのだが(50分もかかった!)素通りしてしまう。そうこうするうちに、棚田の観光拠点のセンターに着いてしまう。 結論から言うと、結局この日一日、3つの大きな展望台や昼食も含めてすべてを案内…同行してくれた。昼食も奢ってくれた上に、ホテルまで送って戴いた。せめてものガソリン代の足しにと200元を差し出すも、固辞! いやはやTVのやらせ旅番組以上の、親切とだけでは片づけられないホスピタリティーを受けて、生涯最高の旅行となった。中国人への好感度が上がったことは言うまでもない。私も日本ではこうありたいものだと心に決めた。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-05 - 2014-04-05 , 1days

  • 11
  • 524
  • 24

2014年に1か月おきに4連続の中国世界遺産調査遠征。その中でも記憶が鮮明な三江併流、とりわけ中国人にも人気の虎跳峡。その後半戦。今思い返してもその水量たるや…その流れ…美しさ…日本での私の想像を遥かに凌駕しての圧巻だった。 正直に言うと、公共交通機関はハッキリしない。(私はシャングリアから麗江までは専用車をチャーター)それでも多少の無理をしてでも見に行って欲しい。後悔はしない。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-03-01 - 2014-03-01 , 1days

  • 10
  • 208
  • 19

世界遺産、雲南省石林での後半戦。 初めは到着までに一苦労した上に、入場利用が高く(175元!)でプンプンだったが、次第に奇岩・奇景が広がりだし、あの悪ガキっ…失礼、素敵な小学生なんかとの心温まる(笑)交流なんかもあったりして、好きになってきましたぜっ、石林(´ー`) 但し、最高の感激は上海を出て、6日目にして初めて同胞に出会ったことだろうね。それだけ日本人が行かないようなところに行っていたということか…海外で同胞に会うことを嫌う私のこころの狭さか…(笑) 感激してしまった私自身に驚いた、第2次中国遠征10日間の6日の午後であった。 ★ログ中の旅費 ?乗車券:昆明⇒石林 27元×2=54元 石林風景名勝区入場券      175元 場内カート            25元 ?運賃:昆明駅⇒東BT  2元×2= 4元 同胞との祝賀会(人民食堂合計)  34元 合計292元 約4,964円

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-03 - 2014-04-03 , 1days

  • 7
  • 230
  • 31

暫くログブックの執筆は終わりかと思っていたら、第2次中国遠征で抜けていた部分があったので、追加投稿( ..)φ 私の5ページ目、9番目のログの続き。とても親切人が店を空けてまで、私を最寄りのバス停連れていってくれた。本当に助かって教えられたバスに乗ったのだが… どうやら降りるべきところを通過したみたいで変なバスターミナルで下車。面倒くさくなりタクシーで石林へ…? 最初は大したことないと思っていたが、段々と世紀の奇岩の大行進を見るにつけ、感動が湧きおこる。広すぎる敷地内をヘロヘロになりながら周回。途中、遠足で来たいた悪ガキども(家…素敵なお子様 笑)にビデオ撮影の邪魔をされるが、其れも良い思い出。なんかTVのやらせ番組みたいなシーンが撮れたよ。石林の中で1番の思い出かな。 ★ログ中の旅費 人民?(市内バス)  2元   34円 タクシー      30元  510円 石林入場料    175元 2975円 石林カート     25元  425円

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-03 - 2014-04-03 , 1days

  • 6
  • 301
  • 27

拉市海・渓谷乗馬の後半戦。 初心者(というか殆ど乗馬初体験)にとってはハードル高そうに見えるが、実は御者のナシ族おばさんが引いて行くので、全く難しくない。馬上からの景色は格別なもので、今回の中国旅行の中ではトップクラスの思い出となった。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-03-02 - 2014-03-02 , 1days

  • 3
  • 221
  • 22

第2位の世界遺産大国中国、48全制覇を目論んでの第1次遠征調査旅行の10日目 私の中では最高の景色だった。日本では絶対に見られない、大陸国家中国ならではの壮大過ぎる風景。3000mの落差のある渓谷に、大水量の川が流れている。私はこれまで、このような大迫力の河川を見たことはない。恐らく対抗するのはグランドキャニオンぐらいだろう。この虎跳峡と言う展望台は1時間半くらいの滞在だったが、私の中では未だに強く、その光景が焼き付いて離れない。 但し、公共交通機関は望めないので、香格里拉か麗江から車をチャーターするしかないだろう、私は3日間専用車とがガイドを雇った。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-03-01 - 2014-03-01 , 1days

  • 2
  • 382
  • 18

第2位の世界遺産大国中国、48全制覇を目論んでの第1次遠征調査旅行の9日目 名前にあこがれて行ってみたかった香格里拉(シャングリラ)ジェイムス=スコット原作の映画は見たことあった。名前が人を惹きつける。  但し、標高3276mであることを忘れていた。本来は高度順応をしければならないとこと、昆明の1900mからいきなり飛行機で1時間で到着がイケなかった。体は順応せぬまま。何百段の松讃林寺の階段を登るは…♨に行くために登り下りをするのがイケなかった。もう敦煌の鳴沙山からの体調不良に旅の疲れまで加わり、翌日、一気に高山病となり錯乱してしまった。矢張り旅行は体調管理が一番で無理をしてはいけないということを身を持って体験したのが収穫かな。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-02-28 - 2014-02-28 , 1days

  • 1
  • 319
  • 30

中国雲南省昆明市から北へ約160㎞のところにある東川紅土地風景区。赤土の土壌に、季節に応じた野菜の栽培などで生まれたカラフルな棚田は、世界の写真愛好家が集まる観光スポットです。 The Dōngchuān hóng tǔdì(Dongchuan Red Land) is located in the 140km north of Kunming, Yunnan, China. It's the breathtaking view praised as "God's palette" by photo enthusiasts ,made from a variety of vegitable or grain terrace paddy fields.

Mayumi

Mayumi

2016-11-09 - 2016-11-10 , 2days

  • 1
  • 317
  • 30

中国の世界遺産で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 世界遺産ではあるが、観光?どころか元陽の街自体へのaccessも大変。 行き方;雲南省の省都、昆明(上海から多数の航空便で約2時間)から長距離バスで約6時間、1日に数便、128元。しかも元陽を目の前にしたところで、大規模な交通事故に遭遇。大型トラックが畑に突っ込むは、道を塞ぐはで、1時間半くらいの足止め( 一一) それでも、親切な中国の女子学生が「道分んなくなったら、電話かけていいよぉ~」と(英語だけど…)夜ホテルへの帰り道が分かんなくなったら、薬局屋の親父が、店空けてまで、連れて行ってくれたり、ビックリするくらいの親切。 極み付けは、2日目の棚田を一緒に回ってくれたCRVに乗って昆明から来た家族旅行の中国人4人!1日一緒に回ってくれた上に、昼ご飯も奢ってくれた。最後はホテルまで送ってくれたのに、頑として謝礼を受け取らなかった。世界遺産の棚田は素晴らしかったが、それ以上の感動を貰った旅行だった。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-04 - 2014-04-05 , 2days

  • 0
  • 331
  • 25
Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「絶景」のおすすめ旅行記(ブログ) Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「絶景」のおすすめ旅行記(ブログ)

Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「絶景」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ