Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Cn Logbooks (Travelogs) of "初めての旅" in Yunnan (China)

This is a summary of all the Logbooks (Travelogs) related to 初めての旅 that we have available for the Yunnan(China) area. Please go ahead and click on them if you want to read their contents. Does reading about 初めての旅 in Yunnan(China) make you want to go there too? In that case let's start planning your next trip!

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

世界一の棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

2014-04-04 - 2014-04-05

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 世界遺産ではあるが、観光🚌どころか元陽の街自体へのaccessも大変。 行き方;雲南省の省都、昆明(上海から多数の航空便で約2時間)から長距離バスで約6時間、1日に数便、128元。しかも元陽を目の前にしたところで、大規模な交通事故に遭遇。大型トラックが畑に突っ込むは、道を塞ぐはで、1時間半くらいの足止め( 一一) それでも、親切な中国の女子学生が「道分んなくなったら、電話かけていいよぉ~」と(英語だけど…)夜ホテルへの帰り道が分かんなくなったら、薬局屋の親父が、店空けてまで、連れて行ってくれたり、ビックリするくらいの親切。 極み付けは、2日目の棚田を一緒に回ってくれたCRVに乗って昆明から来た家族旅行の中国人4人!1日一緒に回ってくれた上に、昼ご飯も奢ってくれた。最後はホテルまで送ってくれたのに、頑として謝礼を受け取らなかった。世界遺産の棚田は素晴らしかったが、それ以上の感動を貰った旅行だった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 254 views

ガッカリ世界遺産筆頭:中国雲南省の澄江・動物群国家地質公園

3輪バイク
ガッカリ世界遺産筆頭:中国雲南省の澄江・動物群国家地質公園

2014-04-01 - 2014-04-02

  • 22Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
第2次中国世界遺産調査旅行の4~5日目(10日間) 雲南省の省都、昆明は街には木々や花があふれて、上海なんかと比べて自然が豊かで気候も温暖で過ごしやすそうな町だ。 しかし悲しいことに、新彊ウィーグル自治区の独立を目指す過激派(といわれている)による無差別テロが昆明駅間広場で2014年3月1日に29人が死亡したテロが行われたのである。実は私、前日まで第1次中国遠征で昆明にいた。ここでは政治的なことを言明するところではないが、彼らの犯行を強く非難するとともに、犠牲者に哀悼と遺族にはお見舞いを申し上げたい。 昆明にも幾つもバスターミナルがあり、到着翌日は、1時間20分くらいで昆明南バスターミナルから澄江に到着。世界遺産の化石を見に行くのだ。 しかしバスがあるわけでもなく、タクシーか3輪バイクをチャーターするほかなく、同じなら可愛い女の子の運転手が良い(笑)ということで、料金交渉して乗車。 途中、恐ろしいほどの悪路と急勾配と乗り心地の悪さに辟易!その上に、途中人家の無い山奥でエンジンが止まり、どうしようかと思った。幾つものトラブルや事故は経験したが、正直この時ほど生命の危険を感じたことはない。 数分でエンジンがかかりホッ……そこまで苦労して辿り着いた、化石群は…… もう言葉が出ないほどのガッカリで…中国政府も分かってらっしゃるみたいで、入場料も取らなければ、係員もいない。客は私を入れて2組だけ! 恐らく「ガッカリ世界遺産」筆頭に来ることは間違いない。ここまで、ガッカリさせて経路の方が面白い世界遺産は無いだろう。ある意味、天晴かもしれない。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 261 views

とても親切人の中国人、世界遺産・石林で迷った私をバス停まで連行

親切中国人
とても親切人の中国人、世界遺産・石林で迷った私をバス停まで連行

2014-04-03 - 2014-04-03

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の調査のための第2次中国遠征。 6日目(10日行程)の今回は世界遺産の責任の調査。 8時前にはホテルを出発し屋台でオムレツみたいなのを食べ、昆明駅前から東バスターミナルへ向かう。1時間29分で着いた石林のバスターミナルはどう見ても、世界遺産がある雰囲気ではなく小さな町のターミナル。石林の地図なんてもってなくて、何処をどう行ったら良いのか分からず、闇雲に歩いて途方に暮れてしまう。 そこで思い切って、お店に入ってアンちゃんに道を訊ねる。アンちゃん、何と店を空けて歩道に出て、私を誘導して何百メーターも歩いてバス停まで案内するではないか!そして私を「石林風景区」へ行くバスに乗せる…もう親切中国人、素晴らしすぎますぜっ。石林のの世界遺産も素晴らしかったが、こんな人民の優しさに触れたことの方が、良き思い出となった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 220 views

壮大過ぎて言葉が出ないほどの中国世界遺産、三江併流…圧倒される!

虎跳峡
壮大過ぎて言葉が出ないほどの中国世界遺産、三江併流…圧倒される!

2014-03-01 - 2014-03-01

  • 18Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
第2位の世界遺産大国中国、48全制覇を目論んでの第1次遠征調査旅行の10日目 私の中では最高の景色だった。日本では絶対に見られない、大陸国家中国ならではの壮大過ぎる風景。3000mの落差のある渓谷に、大水量の川が流れている。私はこれまで、このような大迫力の河川を見たことはない。恐らく対抗するのはグランドキャニオンぐらいだろう。この虎跳峡と言う展望台は1時間半くらいの滞在だったが、私の中では未だに強く、その光景が焼き付いて離れない。 但し、公共交通機関は望めないので、香格里拉か麗江から車をチャーターするしかないだろう、私は3日間専用車とがガイドを雇った。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 262 views

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

家族旅行に便乗
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 19Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、昆明からドライブで来ていた程さん家族との昼食まで話した。ココでもプチ感動なのだが、何と昼食を奢って戴いた。よくBSの旅番組でやらせっぽく、知り合った現地の人と仲良くなりご馳走をされる……まさか自分が体験できるとは思っていなかったので、未だに思い出しても感動がよみがえってくる。 今回は後半戦でメインの展望台2つ。これがやや傾きかけた太陽の光線により、更に壮観な美しさを見せる。最後の方には綺麗な民族衣装の少女も…そして… 降り出した大雨の中、怒涛のゴール、ホテル到着。恐らくは、数多くの海外旅行の中で最高の感動を与えてくれた。このような人たちが中国にいる限り、私は政府や一部の連中がどうであれ、中国とは付き合うに値する国だと心底思う。 どうぞ、本編をご覧いただきたい。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 221 views

雲南省の原住民の生態…ヤッパ、少数民族を色々見れるのは良かねぇ~

紅河ハ二族
雲南省の原住民の生態…ヤッパ、少数民族を色々見れるのは良かねぇ~

2014-04-05 - 2014-04-06

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国で一番見たかった世界遺産、紅河ハ二族棚田。 感動的な結末で幕を下ろし、第2次中国遠征調査旅行は実質的に終わった。 本来は消化試合になるはずなのだが(笑)それでも、元陽でブラブラと公園や市場などを見るのは面白く、充実した締めくくりとなった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 262 views

奇岩の大行進…雲南省の世界遺産・石林…出会った子供たちも面白かぁ!

石林
奇岩の大行進…雲南省の世界遺産・石林…出会った子供たちも面白かぁ!

2014-04-03 - 2014-04-03

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
暫くログブックの執筆は終わりかと思っていたら、第2次中国遠征で抜けていた部分があったので、追加投稿( ..)φ 私の5ページ目、9番目のログの続き。とても親切人が店を空けてまで、私を最寄りのバス停連れていってくれた。本当に助かって教えられたバスに乗ったのだが… どうやら降りるべきところを通過したみたいで変なバスターミナルで下車。面倒くさくなりタクシーで石林へ…🚖 最初は大したことないと思っていたが、段々と世紀の奇岩の大行進を見るにつけ、感動が湧きおこる。広すぎる敷地内をヘロヘロになりながら周回。途中、遠足で来たいた悪ガキども(家…素敵なお子様 笑)にビデオ撮影の邪魔をされるが、其れも良い思い出。なんかTVのやらせ番組みたいなシーンが撮れたよ。石林の中で1番の思い出かな。 ★ログ中の旅費 人民🚌(市内バス)  2元   34円 タクシー      30元  510円 石林入場料    175元 2975円 石林カート     25元  425円

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 206 views

圧倒的水量が大迫力の虎跳峡…麗江に向かう…🚙…途中の建設中の展望台

虎跳峡
圧倒的水量が大迫力の虎跳峡…麗江に向かう…🚙…途中の建設中の展望台

2014-03-01 - 2014-03-01

  • 19Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
2014年に1か月おきに4連続の中国世界遺産調査遠征。その中でも記憶が鮮明な三江併流、とりわけ中国人にも人気の虎跳峡。その後半戦。今思い返してもその水量たるや…その流れ…美しさ…日本での私の想像を遥かに凌駕しての圧巻だった。 正直に言うと、公共交通機関はハッキリしない。(私はシャングリアから麗江までは専用車をチャーター)それでも多少の無理をしてでも見に行って欲しい。後悔はしない。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 106 views

拉市海、湖上の舟遊び…🚣…小魚売りつけ親父やすれ違う観光🚣もまた楽し!


拉市海、湖上の舟遊び…🚣…小魚売りつけ親父やすれ違う観光🚣もまた楽し!

2014-03-02 - 2014-03-02

  • 22Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
3連続シリーズの渓谷乗馬は今回が最終回(笑) 拉市海という大きな湖に戻ってくる。そして今度は舟遊び…🚣…ガイドと野郎2人ではロマンティクのかけらもないが、広大な湖を取り囲むような山脈。水辺で草を食べる🐎…観光客をカモにする釣り船親父が小魚を売りつけに接近。古城とは違う緩やかな時が流れる。ペリカンの大軍団も最後に登場。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 86 views

水鳥の華麗な着水ショーの後、上陸して麗江に戻り夜は少数民族ショー


水鳥の華麗な着水ショーの後、上陸して麗江に戻り夜は少数民族ショー

2014-03-02 - 2014-03-02

  • 30Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
拉市海での舟遊びの最後は華麗な水鳥の着水ショー(笑) 香格里拉のナパ海でもそうだったが、ココでも湿地帯(湖)に山が迫っての大自然は鳥さんたちにも素晴らしい環境なんだね。白鳥?ペリカン?…大きめの水鳥が山裾から飛来して着水する。それを船から見る贅沢さ。 麗江古城には関心が無いので、麗江に戻っては夜ガイドの薦めで少数民族ショーを見に行った。想像を裏切り、立派な大規模劇場で、壮大かつ演出も凝ったモダンなショーを見る。でもこれ、中国が言わんとする「民族和諧」のプロパガンダじゃないとかね?綺麗にまとまり過ぎてる感じだね。私には昼、出会ったナシ族おばさんたちの方が好ましいね。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 102 views

雲南省麗江国際民族文化センター劇場での壮大なショー完結編

少数民族ショー
雲南省麗江国際民族文化センター劇場での壮大なショー完結編

2014-03-02 - 2014-03-02

  • 29Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
前編に引き続いて、「少数民族ショー」を最後まで網羅する。 こんなショーに関心が無い人には御免なさいっ。 途中までは、色々な要素を取り入れてモダンで洗練されて、壮大なショーだなぁ…と思っていたが、途中の「アイーダ」のパクリの様なところからはいけない。 一寸詰め込み過ぎではないか?世界各国のエンターテインメントの良いところ取過ぎではないか……高速鉄道なんかと一緒ではないか(笑) ブロードウェイ的でもあり、現代の上海雑技なんかも取り入れ(空中に上がる)そこに無理やり雲南省の幾つもの少数民族を入れ込んでしまう。 確かにショーとしては80~90点の出来栄えだと思う…… が私の目的(期待)とは大きくかけ離れてしまった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 101 views

"初めての旅" in Yunnan (China) "初めての旅" in Yunnan (China)

Back to Top of "初めての旅" in Yunnan (China)