Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Cn Logbooks (Travelogs) of "一人旅" in Yunnan (China)

This is a summary of all the Logbooks (Travelogs) related to 一人旅 that we have available for the Yunnan(China) area. Please go ahead and click on them if you want to read their contents. Does reading about 一人旅 in Yunnan(China) make you want to go there too? In that case let's start planning your next trip!

大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

一人旅
大きな一枚岩の上にある天空の村【中国雲南省宝山古石城】

2004-03-01 - 2004-03-01

  • 3Episodes
  • Akira Naito
「中国にもマチュピチュがある!」そんな情報を聞いて目指したその場所。 雲南省の世界遺産にもなっている少数民族納西(ナシ)族自治州の麗江からさらにさらに道の奥。

Travel Collector: Akira Naito

  • 3
  • 1358 views

その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

一人旅
その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】

2002-03-14 - 2002-03-15

  • 8Episodes
  • Akira Naito
顔に刺青を施す風習が残るという独龍族に会えたらなと思い向かったものの会えずじまいだった貢山からの帰り道。六庫という町で大理行きのバスに乗り換えようとした僕に客引きの声が耳に留まる。それは、貢山へ向かう直前大理のバス停で出会った強者パッカーが「あそこはいいとこだったよ」と言っていた町の名前だった。『片马?』その言葉に、僕は身体を屈めながらその町行きのワンボックスに乗り込んだ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 4
  • 895 views

海外行ってよかったベスト100② 香格里拉

女子旅
海外行ってよかったベスト100② 香格里拉

2015-03-28 - 2015-03-29

  • 17Episodes
  • Sara Kobayakawa
中国雲南省の桃源郷シャングリラ。イギリスの小説『失われた地平線』で描かれている理想郷・シャングリラのモデルだと主張して改名した、何とも大胆な町です。中心部は近年の火事で半分焼失してしまったものの、歴史的な家々が立ち並ぶ観光地で、近郊に足を伸ばすとまだ手つかずの大自然が広がっています。ここはもともとチベット文化圏で、チベット料理・寺院、民族衣装を着たチベット人に会うことができます。

Travel Collector: Sara Kobayakawa

  • 2
  • 209 views

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

世界一の棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

2014-04-04 - 2014-04-05

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 世界遺産ではあるが、観光🚌どころか元陽の街自体へのaccessも大変。 行き方;雲南省の省都、昆明(上海から多数の航空便で約2時間)から長距離バスで約6時間、1日に数便、128元。しかも元陽を目の前にしたところで、大規模な交通事故に遭遇。大型トラックが畑に突っ込むは、道を塞ぐはで、1時間半くらいの足止め( 一一) それでも、親切な中国の女子学生が「道分んなくなったら、電話かけていいよぉ~」と(英語だけど…)夜ホテルへの帰り道が分かんなくなったら、薬局屋の親父が、店空けてまで、連れて行ってくれたり、ビックリするくらいの親切。 極み付けは、2日目の棚田を一緒に回ってくれたCRVに乗って昆明から来た家族旅行の中国人4人!1日一緒に回ってくれた上に、昼ご飯も奢ってくれた。最後はホテルまで送ってくれたのに、頑として謝礼を受け取らなかった。世界遺産の棚田は素晴らしかったが、それ以上の感動を貰った旅行だった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 254 views

天国への階段?!見渡す限りの圧巻の棚田に人間の計り知れないパワーを見る

絶景
天国への階段?!見渡す限りの圧巻の棚田に人間の計り知れないパワーを見る

2012-09-20 - 2012-09-20

  • 30Episodes
  • Mayumi
雲南省元陽県の山深い山間にある元陽棚田。中国唐の時代より受け継がれる圧巻の5000段もの棚田は、2013年、世界遺産に認定されました。 その登録の1年前、2012年の、あの反日運動が過激化し、日中関係にただならぬ緊張感が走った当時の中国でひとり旅した記録の一つです。

Travel Collector: Mayumi

  • 4
  • 498 views

ガッカリ世界遺産筆頭:中国雲南省の澄江・動物群国家地質公園

3輪バイク
ガッカリ世界遺産筆頭:中国雲南省の澄江・動物群国家地質公園

2014-04-01 - 2014-04-02

  • 22Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
第2次中国世界遺産調査旅行の4~5日目(10日間) 雲南省の省都、昆明は街には木々や花があふれて、上海なんかと比べて自然が豊かで気候も温暖で過ごしやすそうな町だ。 しかし悲しいことに、新彊ウィーグル自治区の独立を目指す過激派(といわれている)による無差別テロが昆明駅間広場で2014年3月1日に29人が死亡したテロが行われたのである。実は私、前日まで第1次中国遠征で昆明にいた。ここでは政治的なことを言明するところではないが、彼らの犯行を強く非難するとともに、犠牲者に哀悼と遺族にはお見舞いを申し上げたい。 昆明にも幾つもバスターミナルがあり、到着翌日は、1時間20分くらいで昆明南バスターミナルから澄江に到着。世界遺産の化石を見に行くのだ。 しかしバスがあるわけでもなく、タクシーか3輪バイクをチャーターするほかなく、同じなら可愛い女の子の運転手が良い(笑)ということで、料金交渉して乗車。 途中、恐ろしいほどの悪路と急勾配と乗り心地の悪さに辟易!その上に、途中人家の無い山奥でエンジンが止まり、どうしようかと思った。幾つものトラブルや事故は経験したが、正直この時ほど生命の危険を感じたことはない。 数分でエンジンがかかりホッ……そこまで苦労して辿り着いた、化石群は…… もう言葉が出ないほどのガッカリで…中国政府も分かってらっしゃるみたいで、入場料も取らなければ、係員もいない。客は私を入れて2組だけ! 恐らく「ガッカリ世界遺産」筆頭に来ることは間違いない。ここまで、ガッカリさせて経路の方が面白い世界遺産は無いだろう。ある意味、天晴かもしれない。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 263 views

とても親切人の中国人、世界遺産・石林で迷った私をバス停まで連行

親切中国人
とても親切人の中国人、世界遺産・石林で迷った私をバス停まで連行

2014-04-03 - 2014-04-03

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の調査のための第2次中国遠征。 6日目(10日行程)の今回は世界遺産の責任の調査。 8時前にはホテルを出発し屋台でオムレツみたいなのを食べ、昆明駅前から東バスターミナルへ向かう。1時間29分で着いた石林のバスターミナルはどう見ても、世界遺産がある雰囲気ではなく小さな町のターミナル。石林の地図なんてもってなくて、何処をどう行ったら良いのか分からず、闇雲に歩いて途方に暮れてしまう。 そこで思い切って、お店に入ってアンちゃんに道を訊ねる。アンちゃん、何と店を空けて歩道に出て、私を誘導して何百メーターも歩いてバス停まで案内するではないか!そして私を「石林風景区」へ行くバスに乗せる…もう親切中国人、素晴らしすぎますぜっ。石林のの世界遺産も素晴らしかったが、こんな人民の優しさに触れたことの方が、良き思い出となった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 222 views

映画「失われた地平線」でのモデル、香格里拉…確かに動物たちには理想郷

松讃林寺
映画「失われた地平線」でのモデル、香格里拉…確かに動物たちには理想郷

2014-02-28 - 2014-02-28

  • 30Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
第2位の世界遺産大国中国、48全制覇を目論んでの第1次遠征調査旅行の9日目 名前にあこがれて行ってみたかった香格里拉(シャングリラ)ジェイムス=スコット原作の映画は見たことあった。名前が人を惹きつける。  但し、標高3276mであることを忘れていた。本来は高度順応をしければならないとこと、昆明の1900mからいきなり飛行機で1時間で到着がイケなかった。体は順応せぬまま。何百段の松讃林寺の階段を登るは…♨に行くために登り下りをするのがイケなかった。もう敦煌の鳴沙山からの体調不良に旅の疲れまで加わり、翌日、一気に高山病となり錯乱してしまった。矢張り旅行は体調管理が一番で無理をしてはいけないということを身を持って体験したのが収穫かな。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 234 views

壮大過ぎて言葉が出ないほどの中国世界遺産、三江併流…圧倒される!

虎跳峡
壮大過ぎて言葉が出ないほどの中国世界遺産、三江併流…圧倒される!

2014-03-01 - 2014-03-01

  • 18Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
第2位の世界遺産大国中国、48全制覇を目論んでの第1次遠征調査旅行の10日目 私の中では最高の景色だった。日本では絶対に見られない、大陸国家中国ならではの壮大過ぎる風景。3000mの落差のある渓谷に、大水量の川が流れている。私はこれまで、このような大迫力の河川を見たことはない。恐らく対抗するのはグランドキャニオンぐらいだろう。この虎跳峡と言う展望台は1時間半くらいの滞在だったが、私の中では未だに強く、その光景が焼き付いて離れない。 但し、公共交通機関は望めないので、香格里拉か麗江から車をチャーターするしかないだろう、私は3日間専用車とがガイドを雇った。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 263 views

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景を親切過ぎる中国人家族とドライブ

紅河ハ二族棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景を親切過ぎる中国人家族とドライブ

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 24Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、ホテルで宿泊していた中国人に声がけして、観光拠点となる新街鎮バスターミナルまで送ってもらう作戦にでたところまで執筆した。 今回は、そこからの物語… 何となく、バスターミナルらしいところを通ったのだが(50分もかかった!)素通りしてしまう。そうこうするうちに、棚田の観光拠点のセンターに着いてしまう。 結論から言うと、結局この日一日、3つの大きな展望台や昼食も含めてすべてを案内…同行してくれた。昼食も奢ってくれた上に、ホテルまで送って戴いた。せめてものガソリン代の足しにと200元を差し出すも、固辞! いやはやTVのやらせ旅番組以上の、親切とだけでは片づけられないホスピタリティーを受けて、生涯最高の旅行となった。中国人への好感度が上がったことは言うまでもない。私も日本ではこうありたいものだと心に決めた。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 430 views

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

家族旅行に便乗
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 19Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、昆明からドライブで来ていた程さん家族との昼食まで話した。ココでもプチ感動なのだが、何と昼食を奢って戴いた。よくBSの旅番組でやらせっぽく、知り合った現地の人と仲良くなりご馳走をされる……まさか自分が体験できるとは思っていなかったので、未だに思い出しても感動がよみがえってくる。 今回は後半戦でメインの展望台2つ。これがやや傾きかけた太陽の光線により、更に壮観な美しさを見せる。最後の方には綺麗な民族衣装の少女も…そして… 降り出した大雨の中、怒涛のゴール、ホテル到着。恐らくは、数多くの海外旅行の中で最高の感動を与えてくれた。このような人たちが中国にいる限り、私は政府や一部の連中がどうであれ、中国とは付き合うに値する国だと心底思う。 どうぞ、本編をご覧いただきたい。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 223 views

雲南省の原住民の生態…ヤッパ、少数民族を色々見れるのは良かねぇ~

紅河ハ二族
雲南省の原住民の生態…ヤッパ、少数民族を色々見れるのは良かねぇ~

2014-04-05 - 2014-04-06

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国で一番見たかった世界遺産、紅河ハ二族棚田。 感動的な結末で幕を下ろし、第2次中国遠征調査旅行は実質的に終わった。 本来は消化試合になるはずなのだが(笑)それでも、元陽でブラブラと公園や市場などを見るのは面白く、充実した締めくくりとなった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 263 views

香港~桂林・陽朔~昆明~河口~ラオカイ~ハノイ 旅行(移動)記


香港~桂林・陽朔~昆明~河口~ラオカイ~ハノイ 旅行(移動)記

2016-04-29 - 2016-05-04

  • 65Episodes
  • Shun Saitou
香港から中国を通りベトナムのハノイまでの記録。総移動距離:約2,400km 初めてのがっつり中国で人の多さと勢いぐったりしたり、絶景に癒されたり、長距離列車でぐったりしたり。中国は殺伐とし過ぎや。 しかし陸路での越境はワクワクですね。 ベトナムも今回はさらっとラオカイからハノイを移動した程度なので今度はがっつり周りたい!フォー美味かったー! 【予算まとめ】 総額:103,150円 両替のレート差損など若干加味 ■大きな移動 約:60,000円 関空⇔香港 36,000円 ハノイ⇒香港 7,500円 深セン⇒桂林 2,790円 桂林⇒昆明  10,800円 昆明⇒河口北 1,190円 ■宿泊  約:15,000円 香港  3,200円 深セン 3,120円 陽朔  3,400円 昆明  2,856円 ラオカイ1,060円 ハノイ 1,060円 大きな移動と宿代で75,000円。 飯・観光・雑費で30,000円って感じですね。

Travel Collector: Shun Saitou

  • 0
  • 381 views

奇岩の大行進…雲南省の世界遺産・石林…出会った子供たちも面白かぁ!

石林
奇岩の大行進…雲南省の世界遺産・石林…出会った子供たちも面白かぁ!

2014-04-03 - 2014-04-03

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
暫くログブックの執筆は終わりかと思っていたら、第2次中国遠征で抜けていた部分があったので、追加投稿( ..)φ 私の5ページ目、9番目のログの続き。とても親切人が店を空けてまで、私を最寄りのバス停連れていってくれた。本当に助かって教えられたバスに乗ったのだが… どうやら降りるべきところを通過したみたいで変なバスターミナルで下車。面倒くさくなりタクシーで石林へ…🚖 最初は大したことないと思っていたが、段々と世紀の奇岩の大行進を見るにつけ、感動が湧きおこる。広すぎる敷地内をヘロヘロになりながら周回。途中、遠足で来たいた悪ガキども(家…素敵なお子様 笑)にビデオ撮影の邪魔をされるが、其れも良い思い出。なんかTVのやらせ番組みたいなシーンが撮れたよ。石林の中で1番の思い出かな。 ★ログ中の旅費 人民🚌(市内バス)  2元   34円 タクシー      30元  510円 石林入場料    175元 2975円 石林カート     25元  425円

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 208 views

Nepal

街歩き
Nepal

2013-11-12 - 2013-11-29

  • 44Episodes
  • Mikako Izawa
とても楽しみにしていた旅だったのに、前半は選挙に伴うストライキのせいで行きたかった場所の多くを諦めなければならなくなった。更に、ポカラで食あたり(激烈)し、後半は観光どころではなくなった。悲しい思い出を払拭するために、いつかまた訪れたい。

Travel Collector: Mikako Izawa

  • 0
  • 78 views

圧倒的水量が大迫力の虎跳峡…麗江に向かう…🚙…途中の建設中の展望台

虎跳峡
圧倒的水量が大迫力の虎跳峡…麗江に向かう…🚙…途中の建設中の展望台

2014-03-01 - 2014-03-01

  • 19Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
2014年に1か月おきに4連続の中国世界遺産調査遠征。その中でも記憶が鮮明な三江併流、とりわけ中国人にも人気の虎跳峡。その後半戦。今思い返してもその水量たるや…その流れ…美しさ…日本での私の想像を遥かに凌駕しての圧巻だった。 正直に言うと、公共交通機関はハッキリしない。(私はシャングリアから麗江までは専用車をチャーター)それでも多少の無理をしてでも見に行って欲しい。後悔はしない。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 107 views

麗江古城には興味なかけん、ガイドさん郊外の拉市海山・乗馬に連れだす…🐎

拉市海
麗江古城には興味なかけん、ガイドさん郊外の拉市海山・乗馬に連れだす…🐎

2014-03-02 - 2014-03-02

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
相変わらずビデオからの画像取り出しで苦労しとります。(´ー`) 中国人には大人気の麗江古城にはがっかりした。レトロにいやらしく飾り付けた商業店舗ばかりで、同じような店ばかりなのだ。おまけに中国系の旅行社を通しての依頼していた専用車なのだが、4日のうち2日も余計にくっつけてしまっていた。故意か過失か分からないが余分な代金もかかり、前日にガイドとガンガンやりあげ、結局は3~4日目の専用車はキャンセル(というか初めから頼んでは無い)但し大人の政治的判断で(笑)ガイドは3~4日雇い、古城は詰まんないからガイドの提案を受けて郊外の拉市海に行くことに決定。車はガイドさんの新車のプジョーを出すとか…🚙 乗馬はナシ族のおばさんがやっている。結構山道や渓流沿いを🐎で上り下り…結果的には中々良い1日となったよ。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 94 views

麗江郊外の渓谷乗馬…🐎…渓流に山道、大空にナシ族おばさん、古城より楽し

乗馬
麗江郊外の渓谷乗馬…🐎…渓流に山道、大空にナシ族おばさん、古城より楽し

2014-03-02 - 2014-03-02

  • 22Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
拉市海・渓谷乗馬の後半戦。 初心者(というか殆ど乗馬初体験)にとってはハードル高そうに見えるが、実は御者のナシ族おばさんが引いて行くので、全く難しくない。馬上からの景色は格別なもので、今回の中国旅行の中ではトップクラスの思い出となった。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 131 views

"一人旅" in Yunnan (China) "一人旅" in Yunnan (China)

Back to Top of "一人旅" in Yunnan (China)