Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Cn Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ)

Yunnan(中華人民共和国 (中国))のローカルをテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。ローカルについての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

中国雲南省の桃源郷シャングリラ。イギリスの小説『失われた地平線』で描かれている理想郷・シャングリラのモデルだと主張して改名した、何とも大胆な町です。中心部は近年の火事で半分焼失してしまったものの、歴史的な家々が立ち並ぶ観光地で、近郊に足を伸ばすとまだ手つかずの大自然が広がっています。ここはもともとチベット文化圏で、チベット料理・寺院、民族衣装を着たチベット人に会うことができます。

Sara Kobayakawa

Sara Kobayakawa

2015-03-28 - 2015-03-29 , 2days

  • 45
  • 311
  • 17

3連続シリーズの渓谷乗馬は今回が最終回(笑) 拉市海という大きな湖に戻ってくる。そして今度は舟遊び…?…ガイドと野郎2人ではロマンティクのかけらもないが、広大な湖を取り囲むような山脈。水辺で草を食べる?…観光客をカモにする釣り船親父が小魚を売りつけに接近。古城とは違う緩やかな時が流れる。ペリカンの大軍団も最後に登場。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-03-02 - 2014-03-02 , 1days

  • 24
  • 157
  • 22

世界遺産、雲南省石林での後半戦。 初めは到着までに一苦労した上に、入場利用が高く(175元!)でプンプンだったが、次第に奇岩・奇景が広がりだし、あの悪ガキっ…失礼、素敵な小学生なんかとの心温まる(笑)交流なんかもあったりして、好きになってきましたぜっ、石林(´ー`) 但し、最高の感激は上海を出て、6日目にして初めて同胞に出会ったことだろうね。それだけ日本人が行かないようなところに行っていたということか…海外で同胞に会うことを嫌う私のこころの狭さか…(笑) 感激してしまった私自身に驚いた、第2次中国遠征10日間の6日の午後であった。 ★ログ中の旅費 ?乗車券:昆明⇒石林 27元×2=54元 石林風景名勝区入場券      175元 場内カート            25元 ?運賃:昆明駅⇒東BT  2元×2= 4元 同胞との祝賀会(人民食堂合計)  34元 合計292元 約4,964円

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-03 - 2014-04-03 , 1days

  • 7
  • 221
  • 31

中国世界遺産の調査のための第2次中国遠征。 6日目(10日行程)の今回は世界遺産の石林の調査。 8時前にはホテルを出発し屋台でオムレツみたいなのを食べ、昆明駅前から東バスターミナルへ向かう。1時間29分で着いた石林のバスターミナルはどう見ても、世界遺産がある雰囲気ではなく小さな町のターミナル。石林の地図なんてもってなくて、何処をどう行ったら良いのか分からず、闇雲に歩いて途方に暮れてしまう。 そこで思い切って、お店に入ってアンちゃんに道を訊ねる。アンちゃん、何と店を空けて歩道に出て、私を誘導して何百メーターも歩いてバス停まで案内するではないか!そして私を「石林風景区」へ行くバスに乗せる…もう親切中国人、素晴らしすぎますぜっ。石林のの世界遺産も素晴らしかったが、こんな人民の優しさに触れたことの方が、良き思い出となった。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-03 - 2014-04-03 , 1days

  • 2
  • 320
  • 25

相変わらずビデオからの画像取り出しで苦労しとります。(´ー`) 中国人には大人気の麗江古城にはがっかりした。レトロにいやらしく飾り付けた商業店舗ばかりで、同じような店ばかりなのだ。おまけに中国系の旅行社を通しての依頼していた専用車なのだが、4日のうち2日も余計にくっつけてしまっていた。故意か過失か分からないが余分な代金もかかり、前日にガイドとガンガンやりあげ、結局は3~4日目の専用車はキャンセル(というか初めから頼んでは無い)但し大人の政治的判断で(笑)ガイドは3~4日雇い、古城は詰まんないからガイドの提案を受けて郊外の拉市海に行くことに決定。車はガイドさんの新車のプジョーを出すとか…? 乗馬はナシ族のおばさんがやっている。結構山道や渓流沿いを?で上り下り…結果的には中々良い1日となったよ。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-03-02 - 2014-03-02 , 1days

  • 2
  • 164
  • 25

中国の世界遺産で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 世界遺産ではあるが、観光?どころか元陽の街自体へのaccessも大変。 行き方;雲南省の省都、昆明(上海から多数の航空便で約2時間)から長距離バスで約6時間、1日に数便、128元。しかも元陽を目の前にしたところで、大規模な交通事故に遭遇。大型トラックが畑に突っ込むは、道を塞ぐはで、1時間半くらいの足止め( 一一) それでも、親切な中国の女子学生が「道分んなくなったら、電話かけていいよぉ~」と(英語だけど…)夜ホテルへの帰り道が分かんなくなったら、薬局屋の親父が、店空けてまで、連れて行ってくれたり、ビックリするくらいの親切。 極み付けは、2日目の棚田を一緒に回ってくれたCRVに乗って昆明から来た家族旅行の中国人4人!1日一緒に回ってくれた上に、昼ご飯も奢ってくれた。最後はホテルまで送ってくれたのに、頑として謝礼を受け取らなかった。世界遺産の棚田は素晴らしかったが、それ以上の感動を貰った旅行だった。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-04-04 - 2014-04-05 , 2days

  • 0
  • 323
  • 25
Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ) Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ)

Yunnan(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ