Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Cn 甘粛省(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ)

甘粛省(中華人民共和国 (中国))のローカルをテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。ローカルについての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

中国の世界遺産48か所全制覇を目論んでの第1次中国遠征旅行、7日目 ◇行程:午前、敦煌莫高窟。午後、中食後チェックアウトして、空路西安へ 莫高窟行のバスの場所を確認して、数十分待つもバスは来ない(中国ではたまにある) 仕方なく、タクシーで向かうも、メーターも倒さず飛ばして向かう。幹線から外れて、莫高窟へ入って行く道は、ベトナムの地方とかカンボジアのシュムリアップから郊外以上の未舗装で、恐ろしいほどの凸凹!おまけに、運ちゃん、何故だかチャンと奥まで行かず、公安のビルの様なところで降ろす!仕方なしに20分以上、荒野をテクテク歩き倒す。到達してもチケット売り場が分からず、途中で発見するも発券せず、時間外かどうかも分からず、結果として中には入れず。✈の時間があるので、1時間半くらいで外から見ただけで、戻ることに。 正直、世界遺産の割のは、インフラからサービス、おもてなし心ZEROに、いい加減なタクシーの運ちゃんのお陰で、評価は最低に近い。 但し、空港までの市内バスの女車掌は、親切で荷物を前に置いたり、空港まで、このバスがチャンと行く旨、伝えてくれて大いに助かった。一般人民はココも良い感じ。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-02-26 - 2014-02-26 , 1days

  • 14
  • 558
  • 25

中国世界遺産48全制覇を目論んでの第5次中国遠征の7日目。 昨夜、ロストバゲッジも、何とホテルまで荷物を届けてくれて、悪いのは向こうだが感激までしてしまった私(´・ω・`) 恐らくは、中国語が出来ない私に代って、色々交渉してくれたホテルのお姉ちゃんたち…矢張り、ケーキでもご馳走せんといかんでしょう…特別なサービスをしてもらったら仕返しをしないと気が済まない私。そんなこんなで、敦煌の街をブラブラ…世界遺産や絶景も良いけど、原住民の普段の生活を見ながらの散歩は中々、良いよ。 今回の見どころは清真寺(イスラム寺院)とノンビリ敦煌空港のノンビリ警官(笑)平和な中国の地方都市の切り絵ですね。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2015-12-06 - 2015-12-06 , 1days

  • 6
  • 309
  • 23

中国の世界遺産48全制覇を企てての第1次中国遠征旅行。6日目は敦煌。 本来は軽く「鳴沙山」を調査の後、世界遺産の「莫高窟」を制覇する目論見だったが、かってて経験したことのない砂嵐に巻き込まれ、命からがら、喉をつぶしての(笑)発熱しての午後はキャンセルして、ホテルで静養(涙) 自然の猛威を肌で感じ、己の小ささを痛感。ここでの疲労困憊が香格里拉へ行っての、更に酷い状況の引き金となる…(この時点では分からないが) 鳴沙山:砂漠の中に砂丘をそのまま、残しての恐ろしく広い施設。砂嵐が来るような、悪天候だったため、観光客は2組だけ!オンシーズンではラクダなどで頂上を緩やかに目指せるが、オフの2人組のためにはそんなサービスはなし。自力で縄梯子で目指すが、途中の砂嵐や梯子自体が砂に埋もれて、ルートが分からなくなっての難行苦行! 冬なのに、汗が噴き出るほどの登山。頂上がどこかすら分からなくなり、中腹でこれ以上登っても砂山だらけで、方角が分からなくなり、遭難の可能性があって断念。 でも安全に気を付けさえすれば、これ程ワイルドで、人が全くいない広大な自然公園を、堪能できるわけなので、中国ならではの貴重なエリアだと思う。 私自身、鳴沙山は決して忘れえぬ思い出となった。 動画はこちら?https://www.youtube.com/watch?v=8Frb5z1_RvE

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-02-25 - 2014-02-25 , 1days

  • 2
  • 418
  • 21

13日行程の第5次中国世界遺産調査の大遠征。5~6日目。莫高窟前半とホテル周辺での人民食堂での夕食。 実は第1次中国遠征時に敦煌は2日間滞在していた。しかし見学出来きずに、また出鱈目なタクシーの運ちゃんなんかで、かなり私の評価は低かった(当該ログブックでもアップ済み)今回はそのリベンジ戦( `ー´)ノ 荷物が紛失したままだが、意気消沈してても何の解決にはならない。今回、引きこもっていれば。益々莫高窟に対して恨みつらみしか堪らない。だから、PCのバッテリーを気にしながら(ACコードはスーツケースごと無いので)どこで切符を買い、どうゆう風に行けばよいのかを検索して、外人用のチケット(ガイド料込)を街中の莫高窟センターで購入して、早め早めの行動…?…中国の5A(最高ランク)の公園を幾つも見てきたが、市中の映画館も真っ青な映画を2本(うち1本は3D!)見せられた上に、バスで本物を見に行く…中国当局の並々ならぬ力の入れようが垣間見れる。価格は高いがお薦めの世界遺産である。それと対極は街中の人民食堂。普通のおばちゃんが作る中華料理は安くて美味い…中国語はダメだが漢字は読めるので指先注文。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2015-12-04 - 2015-12-04 , 1days

  • 0
  • 303
  • 21
甘粛省(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ) 甘粛省(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ)

甘粛省(中華人民共和国 (中国))の「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ