Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Cn Anhui(中華人民共和国 (中国))の「世界遺産」のおすすめ旅行記(ブログ)

Anhui(中華人民共和国 (中国))の世界遺産をテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。世界遺産についての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

ホノボノ、ノンビリの安徽南部の古村落「宏村」と「西逓」 国内・海外と問わず、これだけゆったりとした空気に包まれて、懐かしい景色を楽しんだことは無かった。飛ばしまくる白タクに乗って…?…1時間くらいで黄山市の老街に到着。運ちゃんは丁寧にもホテルまで探してくれたりして…エラク正規タクシーとは違う親切ぶり。泊まったホテルもレトロな古民家なみたいで○ 街並みも無理やりレトロにしてないところが心地よい。(対極は麗江古城!)道に寝そべるワンちゃんも可愛いね。お薦めの街並みだね。 ★旅行代金~当時のレート 白タク(1日チャーター):400元(7200円)…?OK デポジットの100元は現金 宿泊          :180元(3240円) 炒め物+?(夕食)   :34元(558円)

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-17 - 2014-05-18 , 2days

  • 19
  • 329
  • 27

お断り、今回まで読者にとっては、ダラダラした黄山のお馴染みの、風景が続くかもしれない。自分自身の備忘録的執筆なのでごめんなさい。 位置に付いては、相当に気を付けて確認しているので、一応信用しても良いかな。この経路は14時1分から15時26分までの山歩き。また地点に関しては、そのものの場合でもあるし、そこからの眺望ポイントの場合もあるので、そこらは理解の上で見てくださいね。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-16 - 2014-05-16 , 1days

  • 9
  • 254
  • 30

中国人が憧れてやまない、黄山。中国の名山として五山があるが、その中でも最高峰の人気を誇る黄山。実は標高1810mでそんなに高くない。“山高きがゆえに尊からず”という名言そのものなんだなぁ(*^^)v それを十分に思い知るような、起伏に富み変化に富んだ名山だと思い知った。日本の山と比較すると男性的な尖がり、ごつごつした山であり、急峻と言う言葉が似合いそうだ。 但し、富士山の半分の標高はハードルを下げ、ロープウェイ完備ということも相まって、恐ろしい程の人混みでもあったよ。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-16 - 2014-05-16 , 1days

  • 8
  • 365
  • 33

お断り<(_ _)> 同じような風景が続くと思う。行ってなくて、単に見るだけだと退屈し飽きると思うかも…どうぞ、そんな方は遠慮せずスルーで…今回次回は、何方かと言うと自己満足の備忘録的執筆なので、あまり面白くないかも。9時56分~10時59分まで、始信峰から北海賓館(泊まるんでなく通過だけ 笑)まで

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-16 - 2014-05-16 , 1days

  • 7
  • 254
  • 29

最初にお断り<(_ _)> 位置は実際の所在地地点と、そこからの眺望した景色との2段構えになっとうとよ。どっちがどっちかは、今ではよう分からんから、自己責任で見てね。そして今回もどちらかと言うと備忘録的な自己中心主義。延々と同じような風景が続いて、すまんことです。関心が無くなったらスルーしてね。 霧は多少は晴れたが、そこで出現したのは、デカ中国猿。第3次遠征でも蛾眉山で遭遇するも、今回のは明らかに私を山道上で警戒拒絶…さてさて、て顛末はどうなることやら…(´ー`)

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-16 - 2014-05-16 , 1days

  • 4
  • 212
  • 25

やっと本日の宿泊地に到着しますよ…世界遺産の黄山の山歩き。 遭難とか滑落とかの危険は、殆どないモノのの、疲労に関しては蓄積しまくり。本音を言うと“風景とかどげんでっちゃ良かけん、早くホテルに着きたかぁ~” 恐らく2万歩は下らない程度の強行軍。だからホテル(山小屋)に到着は15時チョイ過ぎなんですわ…と言うより、他を回るのをキャンセルしたんですね。ココの判断だけは良かったと思いますね。そうじゃないと翌日死んでいますね(ノД`)・゜・。それと、山は高い…宿泊代も飯代も高いというのも実感。そこらは覚悟してね。 ★旅費 宿泊代(6人ドミトリー) 4615円 スポンジケーキ(晩飯)   595円(35元) 合計           5210円

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-16 - 2014-05-16 , 1days

  • 4
  • 216
  • 22

中国内の世界遺産48か所全制覇を目論んでの第4次中国遠征。10日行程の6日目。 最上級の水墨画のような黄山の絶景を堪能して朝のうちに下山。ロープウェイも観光?も人混み一切なし。付いてるぞっ……とのほくそ笑みもバスターミナルまで。1昨日も見つけれなかったが、安徽南部の古村落へのバスが全く見つからないのだ。バスターミナルは見る見るうちに係員とかもいなくなり、訊くことも調べることも出来ずに……とうとう禁断の奥の手を使うことに…( 一一)

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-17 - 2014-05-17 , 1days

  • 4
  • 167
  • 25

中国の世界遺産48全制覇を目論んでの第4次中国遠征、10日間の6日目。 今回は安徽南部の古村落は西逓。前の宏村にも癒されたが、こちらは更に観光地度が下がり原住民の生活感が上がりる。堂々たる世界遺産の観光地に来ているのだが、子供の頃の穏やかな春の日が再現されているような、懐かしくも田舎田舎している風景が続く。今回も花にチョウに鴨君、ワンちゃんにニャンコちゃんの大行進もあるよ。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-17 - 2014-05-17 , 1days

  • 4
  • 203
  • 32

堂々たる世界遺産で、こんなにノンビリ寛ぎながら回って良かちゃろうかねぇ~中国は安徽南部の古村落、西逓。今回は、おもろい奴(笑)ら特集ということで、川で食器洗いおばさんやお百姓さん…ニャンコちゃんをアップしとります。肩ひじ張らずに、ノンビリと回れる西逓はホノボノではピカイチやね。但し104元(1872円)は少しキツかぁ(´・ω・`)

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-17 - 2014-05-17 , 1days

  • 4
  • 171
  • 23

中国世界遺産48全制覇を目論んでの第4次遠征。 今回は黄山麓のホテル周辺を歩いての、翌日バスターミナル事前調査とホテルに帰還後の白い粉分捕り作戦と夕食、最後は翌日の黄山制覇の前哨戦。 本来はホテルにスムーズに着いたので、体力温存が出来たはずなのだが…( 一一) ★旅費(1元=17円) 宿泊    128元 2176円 塩       2元   34円 荷物預け   20元  340円 黄山入山料 230元 3910円 専用バス   19元  323円 索道(片道) 80元 1360円 晩御飯    18元  306円 合計    497元 8449円

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-15 - 2014-05-16 , 2days

  • 3
  • 263
  • 30

早朝の豪雨で目が覚めた。ご来光を楽しみにしていたのだが、相部屋の中国人の話では(適当意訳 笑)未だに雨が降ってるとのこと…2段ベッドの下段で、相当にガッカリしたね。やる気を失って、さっさと撤収し今日の安徽の古村落にかけようと思い、起床して下山の準備に取り掛かる。 そしてロープウェイの乗り場へ向かう…?…するとどうだろう。雨は小雨に変わり、霧の向こうに見えてきたものは……想像を絶するほどの、霧と雲とのグラデーションに包まれた黄山が!言葉が出ないほどの感動を受けた。水墨画の様な景色とは、こんなことだったのか?絶景とはこのことだったのか?生涯の中でガッカリが、これほどまでに感動に変わることは無かった。神様は粋なプレゼントをしてくれたものだ。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-17 - 2014-05-17 , 1days

  • 3
  • 173
  • 29

毎回毎回、個人旅行とは言いながら、ビッシリとスケジュールが入っていて、ヘロヘロになりながら中国遠征をしている。今回は第4次遠征10日間の6日目の午前の部。 ホノボノとした世界遺産「安徽南部の古村落」その中の宏村に来ている。 小雨の中、大池の水面に映る木々や建物、スケッチをする綺麗なお姐さん、鴨君たちの大行進…こんなに穏やかな時が流れているのは、久しぶりに味わった。勿論有名スポットなので、観光客は多いのだが、何かみんな穏やかだ。今回は熱いお好み焼を頬張りながら、原住民を見て動植物を建物をゆっくりと見る。黄山とは違うがここでも、美しき時が流れていた。

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2014-05-17 - 2014-05-17 , 1days

  • 3
  • 214
  • 27
Anhui(中華人民共和国 (中国))の「世界遺産」のおすすめ旅行記(ブログ) Anhui(中華人民共和国 (中国))の「世界遺産」のおすすめ旅行記(ブログ)

Anhui(中華人民共和国 (中国))の「世界遺産」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ