Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

片马の食堂あたり

片马の食堂あたり(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))の口コミ情報と旅行記、片马の食堂あたりまでの行き方や地図をまとめています。片马の食堂あたりの他にもYunnan、 中華人民共和国 (中国)のおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

片马の食堂あたり(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】(Akira Naitoさん)
Akira Naito

お腹がすきました。 それはどこに行ってもやってくるもの。 ということで夕ご飯を求めふらふら。 煙突から煙が上がり、外国人にも遠慮せず人懐っこい親父さんの店に吸い寄せられる。 筆談を交え、 ・豚足の入ったスープ ・青椒肉丝 を出してもらう。 日光猿軍団のおさるさんが座るのかという小さな小さな木の椅子に座り皆器用にご飯を食べる。(この町に限らず) そのうち、隣で食べてる人らと楽しく筆談したり、白酒ごちそうになったりとだらだらと過ごしていたら いつのまにかここの食堂の一家がご飯を食べはじめた。 そして、他の客が帰ってしまい気付けば僕と家族だけ。 なぜか家族が食べてるご飯までごちそうになってしまいました。

『 その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】 』より 片马の食堂あたり, Yunnan

片马の食堂あたり(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】(Akira Naitoさん) - 02
Akira Naito

朝ご飯を食べに昨日のお店へ。 卵炒飯を食べほくほくで部屋に帰りドアに手をかけると かけてあった鍵がポロリ。 「!?」 怖いこともあるもんだとドアを開けると ない。 さっきまでそこにあったバッグがない! しばし状況を飲み込むのに時間がかかったものの 周りの部屋の人やそれこそ昨日部屋でわいわいやった女の子たちに可能な限りのコミュニケーションで現状を伝えてみる。 『きっとあの部屋にいたおっさんよ』 そんな感じの返答はしかし、対象の部屋がすでにもぬけの殻になっているのでなんの確証もナシ。 あの中には金目のものなんて入ってないのにぃーっ! 悔しくて仕方がない。 だって、あの中にはこの道中撮りためたフィルム10本と着替えしか入ってなかったのだから。 特に期待もせず、行くだけ行ってみた公安では思いのほか丁寧な対応をしていただいてビックリ。 どうせ戻って来ないのは覚悟していたから余計むなしいのもあったけど、聞いてくれるだけ浮かばれたのも事実でした。 そんな公安の人が僕に放った言葉。 『木、ダメ。水泥(セメント)じゃなきゃ。』

『 その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】 』より 片马の食堂あたり, Yunnan, Yunnan

  • エピソード・口コミ(2)

    2002.03.14 に訪問

    お腹がすきました。 それはどこに行ってもやってくるもの。 ということで夕ご飯を求めふらふら。 煙突から煙が上がり、外国人にも遠慮せず人懐っこい親父さんの店に吸い寄せられる。 筆談を交え、 ・豚足の入ったスープ ・青椒肉丝 を出してもらう。 日光猿軍団のおさるさんが座るのかという小さな小さな木の椅子に座り皆器用にご飯を食べる。(この町に限らず) そのうち、隣で食べてる人らと楽しく筆談したり、白酒ごちそうになったりとだらだらと過ごしていたら いつのまにかここの食堂の一家がご飯を食べはじめた。 そして、他の客が帰ってしまい気付けば僕と家族だけ。 なぜか家族が食べてるご飯までごちそうになってしまいました。

    最終更新:2017.08.23 14:58
    旅行記 『その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】』 より
    2002.03.15 に訪問

    朝ご飯を食べに昨日のお店へ。 卵炒飯を食べほくほくで部屋に帰りドアに手をかけると かけてあった鍵がポロリ。 「!?」 怖いこともあるもんだとドアを開けると ない。 さっきまでそこにあったバッグがない! しばし状況を飲み込むのに時間がかかったものの 周りの部屋の人やそれこそ昨日部屋でわいわいやった女の子たちに可能な限りのコミュニケーションで現状を伝えてみる。 『きっとあの部屋にいたおっさんよ』 そんな感じの返答はしかし、対象の部屋がすでにもぬけの殻になっているのでなんの確証もナシ。 あの中には金目のものなんて入ってないのにぃーっ! 悔しくて仕方がない。 だって、あの中にはこの道中撮りためたフィルム10本と着替えしか入ってなかったのだから。 特に期待もせず、行くだけ行ってみた公安では思いのほか丁寧な対応をしていただいてビックリ。 どうせ戻って来ないのは覚悟していたから余計むなしいのもあったけど、聞いてくれるだけ浮かばれたのも事実でした。 そんな公安の人が僕に放った言葉。 『木、ダメ。水泥(セメント)じゃなきゃ。』

    最終更新:2017.06.26 03:08
    旅行記 『その向こうはミャンマー。【中国云南省怒江傈僳族自治州片马】』 より
    片马の食堂あたりを含む旅行記一覧 片马の食堂あたりを含む旅行記一覧

    片马の食堂あたりを含む旅行記一覧 トップへ