Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

南浦长途客运站

南浦长途客运站(カステロ・ブランコ, 中華人民共和国 (中国))の口コミ情報と旅行記、南浦长途客运站までの行き方や地図をまとめています。南浦长途客运站の他にもカステロ・ブランコ、 中華人民共和国 (中国)のおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

南浦长途客运站(カステロ・ブランコ, 中華人民共和国 (中国))|緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」(Mayumiさん) - 02
Mayumi

これがチケット 400人は乗れるフェリーなので乗れないってことはまずないと思いますが バスの発車時刻に合わせて窓口も早めに締め切ったりすることもあります 6時半にはターミナルに着いて早めのチケット購入をおすすめ 【チケット内容】 「舟桥二轮」はフェリー名で日本語読みは「舟橋2輪」 「南浦发车时间」はバス発車時間で7:15 「上船:沈家湾」はこれからバスで向かうフェリー港 「9:25开」がフェリー出発時刻 「座号」がシートナンバーで、「上舵015」は上のデッキの15番シート (※フェリーは全指定席) こんな感じ

『 緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」 』より 南浦长途客运站, カステロ・ブランコ

南浦长途客运站(カステロ・ブランコ, 中華人民共和国 (中国))|緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」(Mayumiさん) - 03
Mayumi

6時半に到着 この南浦大橋狂距離汽车客运站で今回目的の嵊泗列島・枸杞島へのバス&フェリーのセット券を購入できます 「嵊泗」は日本語読みでは「ジョウシ」ですが、中国語読みは「Shengsi(ションシ)」 「枸杞」は日本語読みでは「クコ」ですが、中国語読みは「Guoqi(グオチー)」なので発音注意 チケット販売は朝6時半から一番右の窓口 要パスポート(←これ絶対) 大人118元(含む乗船保険3元)(約2000円)※2017年10月現在 枸杞島行きのバスは一日1本、7:15発だけなのでご注意ください

『 緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」 』より 南浦长途客运站, カステロ・ブランコ, カステロ・ブランコ

南浦长途客运站(カステロ・ブランコ, 中華人民共和国 (中国))|緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」(Mayumiさん)
Mayumi

バスターミナルは手狭で小さいので 待合室の座席はすぐに占領されます 電光掲示板の「枸杞」の前で待機 バスターミナルには小さな売店ぐらいはありますが 飲食店はありませんので朝ごはんや昼ご飯は事前に買い込みましょう (中国人は基本カップ麺持参) ただ、朝はターミナル前に屋台がいくつか出ていたのでそこで買ってもOK

『 緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」 』より 南浦长途客运站, カステロ・ブランコ, カステロ・ブランコ, カステロ・ブランコ

南浦长途客运站(カステロ・ブランコ, 中華人民共和国 (中国))|緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」(Mayumiさん) - 04
Mayumi

この日は6:55頃から乗車開始 (開場時間はその日の状況によって違う) バスは基本自由席なので 我先にと中国人の皆様はなだれ込みます 大きな荷物は荷物入れに自分で投入 貴重品と小さな荷物だけ持って早めに席を確保しましょう バスは2台用意されてどちらに乗ってもOK 満車になった時点で 発車時刻の7:15を待たずに発車することもあるので (逆に遅くなることも) 油断していると取り残されるので素早い行動を心がけましょう

『 緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」 』より 南浦长途客运站, カステロ・ブランコ, カステロ・ブランコ, カステロ・ブランコ, カステロ・ブランコ

  • バス
住所 外马路1588号
電話番号 +86 21 6378 5676

  • エピソード・口コミ(4)

    2017.10.23 に訪問

    これがチケット 400人は乗れるフェリーなので乗れないってことはまずないと思いますが バスの発車時刻に合わせて窓口も早めに締め切ったりすることもあります 6時半にはターミナルに着いて早めのチケット購入をおすすめ 【チケット内容】 「舟桥二轮」はフェリー名で日本語読みは「舟橋2輪」 「南浦发车时间」はバス発車時間で7:15 「上船:沈家湾」はこれからバスで向かうフェリー港 「9:25开」がフェリー出発時刻 「座号」がシートナンバーで、「上舵015」は上のデッキの15番シート (※フェリーは全指定席) こんな感じ

    最終更新:2017.12.20 14:28
    旅行記 『緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」』 より
    2017.10.23 に訪問

    6時半に到着 この南浦大橋狂距離汽车客运站で今回目的の嵊泗列島・枸杞島へのバス&フェリーのセット券を購入できます 「嵊泗」は日本語読みでは「ジョウシ」ですが、中国語読みは「Shengsi(ションシ)」 「枸杞」は日本語読みでは「クコ」ですが、中国語読みは「Guoqi(グオチー)」なので発音注意 チケット販売は朝6時半から一番右の窓口 要パスポート(←これ絶対) 大人118元(含む乗船保険3元)(約2000円)※2017年10月現在 枸杞島行きのバスは一日1本、7:15発だけなのでご注意ください

    最終更新:2017.12.20 14:25
    旅行記 『緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」』 より
    2017.10.23 に訪問

    バスターミナルは手狭で小さいので 待合室の座席はすぐに占領されます 電光掲示板の「枸杞」の前で待機 バスターミナルには小さな売店ぐらいはありますが 飲食店はありませんので朝ごはんや昼ご飯は事前に買い込みましょう (中国人は基本カップ麺持参) ただ、朝はターミナル前に屋台がいくつか出ていたのでそこで買ってもOK

    最終更新:2017.11.04 11:48
    旅行記 『緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」』 より
    2017.10.23 に訪問

    この日は6:55頃から乗車開始 (開場時間はその日の状況によって違う) バスは基本自由席なので 我先にと中国人の皆様はなだれ込みます 大きな荷物は荷物入れに自分で投入 貴重品と小さな荷物だけ持って早めに席を確保しましょう バスは2台用意されてどちらに乗ってもOK 満車になった時点で 発車時刻の7:15を待たずに発車することもあるので (逆に遅くなることも) 油断していると取り残されるので素早い行動を心がけましょう

    最終更新:2017.11.04 11:48
    旅行記 『緑の草木に飲み込まれた神秘の廃村「后头湾(後頭湾)村」』 より
    南浦长途客运站を含む旅行記一覧 南浦长途客运站を含む旅行記一覧

    南浦长途客运站を含む旅行記一覧 トップへ