Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

カメルーン カメルーンのおすすめ旅行・観光情報

カメルーンの旅行記、口コミ、観光スポット、観光名所の人気/おすすめ情報をランキング形式で紹介しています。カメルーンの中の都市/エリアや、グルメ/食べ物、遊び、ショッピング、宿泊などのカテゴリーから観光情報と口コミ、旅行記を探すことができます。

アンバム(南, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ(阿佐智さん)
阿佐智

まずは乗合タクシーに乗ってアンバムという町に出ます。ここから、首都ヤウンデ行きのバスが出ます。タクシースタンドは町の南外れ、町を歩きながらバス乗り場へ向かいました。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ 』より アンバム, 南

エボロワ(南, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ(阿佐智さん)
阿佐智

途中、エボロワと言う町で30分ほど停車します。ここで、半分ほどの乗客が入れ替わります。ターミナルは市場の真ん中にあり、ここで水分補給。ちょっと町歩きもできました。なんでも頭に乗せるアフリカ人、帽子売りもなんだか粋です。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ 』より エボロワ, 南

ンガンデレ(アダマワ, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ(阿佐智さん)
阿佐智

北部の拠点、ンガンデレです。ここからサハラ砂漠方面へのバスが出ています。本当は、ここからサハラ越え目指して、チャドやニジェールなどへ向かいたいところですが、現在の情勢ではなかなかそれも難しいようです。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ 』より ンガンデレ, アダマワ

ラミド宮殿(アダマワ, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ(阿佐智さん)
阿佐智

円形の街の中心にある宮殿。かつてこの地域を収めていたスルタンの屋敷でした。この国が共和国になった今もスルタン制度は今なおこの地で生き続けています。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ 』より ラミド宮殿, アダマワ

ヤウンデ駅(サントル, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ(阿佐智さん)
阿佐智

ヤウンデに到着後、すぐに駅に向かいました。幸い、列車の出発30分前で、寝台車の切符も手に入れることができました。さらに北、ウガンデレに向けて出発です。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ 』より ヤウンデ駅, サントル

ンガンデレ駅(アダマワ, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ(阿佐智さん)
阿佐智

列車がンガンデレに到着しました。到着と同時に、荷物運びをなりわいとする力自慢の男たちが、我先にと列車に乗り込んできます。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く3:カメルーン入国からサハラの入り口、ンガンデレへ 』より ンガンデレ駅, アダマワ

ヤウンデ周辺(サントル, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く4:ンガンデレから首都、ヤウンデへ(阿佐智さん)
阿佐智

列車の速度が落ち民家と言うか、スラム街が見えてきました。いよいよ首都ヤウンデに到着します。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く4:ンガンデレから首都、ヤウンデへ 』より ヤウンデ周辺, サントル

ンガンデレ駅(アダマワ, カメルーン)|中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く4:ンガンデレから首都、ヤウンデへ(阿佐智さん)
阿佐智

ンガンデレの町歩きが終わったあとは、一路ヤウンデに戻ります。帰りの夜行列車の切符もなんなく買うことができました。

『 中部アフリカ ガボン・カメルーンを行く4:ンガンデレから首都、ヤウンデへ 』より ンガンデレ駅, アダマワ

ドゥアラ駅(沿岸帯, カメルーン)|中部アフリカ、ガボン・カメルーンを行く5:ドゥアラとローカル鉄道(阿佐智さん)
阿佐智

ヤウンデ発の急行列車は10時半出発。一等の車内は冷房が効いて快適です。シートは全席進行方向向き。ドリンクとサンドイッチのサービスまでありました。 定刻の14時半にドゥアラ着

『 中部アフリカ、ガボン・カメルーンを行く5:ドゥアラとローカル鉄道 』より ドゥアラ駅, 沿岸帯

ボナベリ(沿岸帯, カメルーン)|中部アフリカ、ガボン・カメルーンを行く5:ドゥアラとローカル鉄道(阿佐智さん)
阿佐智

リンべ行きのバスは、ドゥアラ郊外のボナベリから出ます。どう行っていいか皆目見当がつかないのでバイクタクシーで行きました。 ボナベリはスラムっぽくてあまり治安もいい感じはしませんでした。

『 中部アフリカ、ガボン・カメルーンを行く5:ドゥアラとローカル鉄道 』より ボナベリ, 沿岸帯

カメルーンに行ったことがありますか?
カメルーンに旅行のご予定がありますか?
カメルーンに旅行のご予定がありますか?

カメルーンの人気都市

カメルーンのおすすめ旅行記(ブログ)

ガボンから陸路でカメルーンに入国しました。イミグレではいきなりワイロの洗礼。それにもめげず、なんとか首都ヤウンデへ。ちょうど夜行列車が出るところだったので、そのまま寝台車に乗り込み、北へ進路をとりました。

阿佐智

阿佐智

2016-03-26 - 2016-03-27 , 2days

  • 12
  • 64
  • 16

今回の旅の北限はここから首都ヤウンデへ戻り、アフリカ有数の大都会を歩きます。そして、その後は、この国自慢の急行列車に乗って、この国一番の大都市、ドゥアラへ向かいます。カメルーンはアフリカには珍しく鉄道網が発達し、快適に旅ができます。

阿佐智

阿佐智

2016-03-27 - 2016-03-28 , 2days

  • 3
  • 31
  • 15

今回の旅の最後は、ヤウンデからドゥアラへ、そしてカメルーン山を望むリンベまで足を延ばしました。ドゥアラへは、少し遠回りして、ローカル列車の旅を味わいながら戻りました。

阿佐智

阿佐智

2016-03-29 - 2016-03-30 , 2days

  • 10
  • 30
  • 9

カメルーンのおすすめ観光スポット

カメルーンのおすすめおすすめ宿泊施設・ホテル施設

カメルーンのその他の人気スポット

カメルーン周辺の国々の旅行ガイドを見る

カメルーンのおすすめ旅行・観光情報 カメルーンのおすすめ旅行・観光情報

カメルーンのおすすめ旅行・観光情報 トップへ