Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

ベンメリア(Beng Melea)

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)の口コミ情報と旅行記、ベンメリア(Beng Melea)までの行き方や地図をまとめています。ベンメリア(Beng Melea)の他にもシェムリアップ、 カンボジアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|ベトナム高速縦断+アンコールワット(Daisuke Taniwakiさん)
Daisuke Taniwaki

ラピュタのモデルともいわれるベンメリア。 シェムリアップからトゥクトゥクで2時間弱。料金はトゥクトゥクメンと交渉次第。 この遺跡はかなり崩れているけど、廃墟に樹木やコケが良い具合に組み合わさって、非常に美しい遺跡です。個人的にはアンコールワットよりもこっちの方が神秘的で良かった。人もそこまで多くないし。

『 ベトナム高速縦断+アンコールワット 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|ベトナム高速縦断+アンコールワット(Daisuke Taniwakiさん) - 02
Daisuke Taniwaki

廃墟の木漏れ日が美しい。

『 ベトナム高速縦断+アンコールワット 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|ベトナム高速縦断+アンコールワット(Daisuke Taniwakiさん) - 03
Daisuke Taniwaki

笑顔のかわいい子供たちが勝手に案内してくれます。 「これ、ラピュタっぽい!」とラピュタ見たことないくせに片言の日本語で連呼してきます。 例によって最後にお小遣いをせびられますが、ちゃんと払ってあげましょうね。

『 ベトナム高速縦断+アンコールワット 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア シェムリアップ2012 アンコール遺跡めぐりとラピュタのモデル地を訪ねて(Yasuko Kimuraさん)
Yasuko Kimura

ほんとに静かで、まさに忘れ去られていた場所、という感じ。また行きたい!ベンメリア ラピュタのモデル説に一票投じたいです。

『 カンボジア シェムリアップ2012 アンコール遺跡めぐりとラピュタのモデル地を訪ねて 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|感動しまくり☆世界遺産アンコール遺跡をめぐるカンボジア旅(Masumi Yoshimuraさん) - 02
Masumi Yoshimura

ベンメリアはアンコール・ワットとの類似点が多く「東のアンコール・ワット」とも言われています。 「天空の城ラピュタ」のモデルとも言われる寺院で、郊外にあるにも係わらず大人気! 遺跡は子どもたちの格好の遊び場になっていることもあるそうですよ笑。

『 感動しまくり☆世界遺産アンコール遺跡をめぐるカンボジア旅 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|陸路で国境を超える旅(シェムリアップ・アンロンベン編)(mizuki nanaumiさん)
mizuki nanaumi

両手が空いていないと、通るのが厳しい道があります。 スニーカー推奨、傘じゃなくてカッパの方が◎ 途中、スコールに合いびしょ濡れになりました スコールに合った時、ビニール袋でできたカッパらしきものを1$で売りにきますw

『 陸路で国境を超える旅(シェムリアップ・アンロンベン編) 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|感動しまくり☆世界遺産アンコール遺跡をめぐるカンボジア旅(Masumi Yoshimuraさん)
Masumi Yoshimura

ベンメリアはアンコールワットから東へ直線距離で約40km東方にあります。 現在も修復が施されないままに放置され、密森の中にひっそりと眠り静かな佇まいを見せる平面展開型の巨大寺院です。 見ての通り、原形をとどめないほど崩壊がひどく、苔むし、ほとんどが瓦礫の山のと化し廃墟の感を強く漂わせていますよね。。。

『 感動しまくり☆世界遺産アンコール遺跡をめぐるカンボジア旅 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|カンボジア、シェムリアップ再訪の旅(Ema Kawashimaさん)
Ema Kawashima

こちらはベンメリアです。やはり、こちらの遺跡は、他の遺跡と比べて、崩れている個所が多く特別な雰囲気が漂っているので、シェムリアップに来た時は、外せない観光地です。

『 カンボジア、シェムリアップ再訪の旅 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|世界遺産を巡る旅!アンコールワット編(Maho Fukukawaさん)
Maho Fukukawa

まず最初に訪れたのがここベンメリアです。アンコールワットから東へ約40kmの距離に位置しているこちらは「東のアンコールワット」と呼ばれており、アンコール・ワット建造前の11世紀末-12世紀初頭に作られたと言われています。 が、着いた瞬間「えっここを歩くの…?」と軽く引きました。全然手を付けられてない野ざらしの状態でボロボロ、っていうかほとんど崩壊?ちょっと勿体ないですよね。

『 世界遺産を巡る旅!アンコールワット編 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

ベンメリア(Beng Melea)(シェムリアップ, カンボジア)|世界遺産を巡る旅!アンコールワット編(Maho Fukukawaさん) - 02
Maho Fukukawa

アンコールワットのモデルとして建てられたということで一応有名なのですが、まだここの整備までは手が回らないのかな。 万が一怪我をしても救急車がここまで来てくれるのかわからないし、転ばないように気を付けて歩きました。

『 世界遺産を巡る旅!アンコールワット編 』より ベンメリア(Beng Melea), シェムリアップ

  • 史跡

  • エピソード・口コミ(12)

    2011.09.21 に訪問

    ラピュタのモデルともいわれるベンメリア。 シェムリアップからトゥクトゥクで2時間弱。料金はトゥクトゥクメンと交渉次第。 この遺跡はかなり崩れているけど、廃墟に樹木やコケが良い具合に組み合わさって、非常に美しい遺跡です。個人的にはアンコールワットよりもこっちの方が神秘的で良かった。人もそこまで多くないし。

    最終更新:2017.06.26 03:12
    旅行記 『ベトナム高速縦断+アンコールワット』 より
    2011.09.21 に訪問

    廃墟の木漏れ日が美しい。

    最終更新:2017.06.26 03:12
    旅行記 『ベトナム高速縦断+アンコールワット』 より
    2012.02.13 に訪問

    ほんとに静かで、まさに忘れ去られていた場所、という感じ。また行きたい!ベンメリア ラピュタのモデル説に一票投じたいです。

    最終更新:2017.06.26 03:18
    旅行記 『カンボジア シェムリアップ2012 アンコール遺跡めぐりとラピュタのモデル地を訪ねて』 より
    2011.09.21 に訪問

    笑顔のかわいい子供たちが勝手に案内してくれます。 「これ、ラピュタっぽい!」とラピュタ見たことないくせに片言の日本語で連呼してきます。 例によって最後にお小遣いをせびられますが、ちゃんと払ってあげましょうね。

    最終更新:2017.07.21 09:44
    旅行記 『ベトナム高速縦断+アンコールワット』 より
    2011.12.15 に訪問

    ベンメリアはアンコール・ワットとの類似点が多く「東のアンコール・ワット」とも言われています。 「天空の城ラピュタ」のモデルとも言われる寺院で、郊外にあるにも係わらず大人気! 遺跡は子どもたちの格好の遊び場になっていることもあるそうですよ笑。

    最終更新:2017.06.26 04:52
    旅行記 『感動しまくり☆世界遺産アンコール遺跡をめぐるカンボジア旅』 より
    2014.09.08 に訪問

    こちらはベンメリアです。やはり、こちらの遺跡は、他の遺跡と比べて、崩れている個所が多く特別な雰囲気が漂っているので、シェムリアップに来た時は、外せない観光地です。

    最終更新:2017.06.26 04:52
    旅行記 『カンボジア、シェムリアップ再訪の旅』 より
    2012.11.01 に訪問

    まず最初に訪れたのがここベンメリアです。アンコールワットから東へ約40kmの距離に位置しているこちらは「東のアンコールワット」と呼ばれており、アンコール・ワット建造前の11世紀末-12世紀初頭に作られたと言われています。 が、着いた瞬間「えっここを歩くの…?」と軽く引きました。全然手を付けられてない野ざらしの状態でボロボロ、っていうかほとんど崩壊?ちょっと勿体ないですよね。

    最終更新:2017.06.26 04:54
    旅行記 『世界遺産を巡る旅!アンコールワット編』 より
    2012.11.01 に訪問

    アンコールワットのモデルとして建てられたということで一応有名なのですが、まだここの整備までは手が回らないのかな。 万が一怪我をしても救急車がここまで来てくれるのかわからないし、転ばないように気を付けて歩きました。

    最終更新:2017.06.26 04:54
    旅行記 『世界遺産を巡る旅!アンコールワット編』 より
    2014.09.12 に訪問

    両手が空いていないと、通るのが厳しい道があります。 スニーカー推奨、傘じゃなくてカッパの方が◎ 途中、スコールに合いびしょ濡れになりました スコールに合った時、ビニール袋でできたカッパらしきものを1$で売りにきますw

    最終更新:2017.06.26 04:46
    旅行記 『陸路で国境を超える旅(シェムリアップ・アンロンベン編)』 より
    2011.12.15 に訪問

    ベンメリアはアンコールワットから東へ直線距離で約40km東方にあります。 現在も修復が施されないままに放置され、密森の中にひっそりと眠り静かな佇まいを見せる平面展開型の巨大寺院です。 見ての通り、原形をとどめないほど崩壊がひどく、苔むし、ほとんどが瓦礫の山のと化し廃墟の感を強く漂わせていますよね。。。

    最終更新:2017.06.26 04:52
    旅行記 『感動しまくり☆世界遺産アンコール遺跡をめぐるカンボジア旅』 より
    ベンメリア(Beng Melea)を含む旅行記一覧 ベンメリア(Beng Melea)を含む旅行記一覧

    ベンメリア(Beng Melea)を含む旅行記一覧 トップへ