Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Rubenshuis

Rubenshuis(フランドル, ベルギー)の口コミ情報と旅行記、Rubenshuisまでの行き方や地図をまとめています。Rubenshuisの他にもフランドル、 ベルギーのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Rubenshuis(フランドル, ベルギー)|「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。(Arikawa Satokoさん)
Arikawa Satoko

ルーベンスとその弟子たちは作画作業の合間に休憩なども下のでしょうか。大きな噴水付きの大きな中庭がありました。

『 「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。 』より Rubenshuis, フランドル

Rubenshuis(フランドル, ベルギー)|「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。(Arikawa Satokoさん) - 02
Arikawa Satoko

たくさんの弟子たちを抱え、非常に多作だったルーベンス。ルーベンスハウスでお驚いたのは実際に絵を描いていたであろう場所の大きさはもちろん、絵を搬出するための大きな扉。出入りする扉の上部も適宜開閉するようにできています。

『 「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。 』より Rubenshuis, フランドル, フランドル

Rubenshuis(フランドル, ベルギー)|「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。(Arikawa Satokoさん) - 03
Arikawa Satoko

ルーベンスハウスの庭からは、他の家の裏側も見えます。庭はいわゆるフランス式かと思いきや、一部イギリス風。草花の多様な種類が植えてあって、ここで弟子たちが背景用の草花の練習をした…と言われたら信じます。

『 「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。 』より Rubenshuis, フランドル, フランドル, フランドル

Rubenshuis(フランドル, ベルギー)|「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。(Arikawa Satokoさん) - 04
Arikawa Satoko

本当の観光案内所はルーベンスハウスの前にあります。そこまで新市街を吾歩くので、駅でもらった地図が活躍しました。 フランダースでおなじみのルーベンス。やっぱりアントワープに巨大なアトリエを構えていました。それまで見た、レンブラントハウスやフェルメールセンターとは規模が違います。アトリエというよりは、絵画工房と言う感じ。

『 「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。 』より Rubenshuis, フランドル, フランドル, フランドル, フランドル

  • 史跡
  • 美術館・博物館
住所 Wapper 9-11
電話番号 +32 3 201 15 55

  • エピソード・口コミ(4)

    2012.07.26 に訪問

    ルーベンスとその弟子たちは作画作業の合間に休憩なども下のでしょうか。大きな噴水付きの大きな中庭がありました。

    最終更新:2017.06.26 06:19
    旅行記 『「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。』 より
    2012.07.26 に訪問

    たくさんの弟子たちを抱え、非常に多作だったルーベンス。ルーベンスハウスでお驚いたのは実際に絵を描いていたであろう場所の大きさはもちろん、絵を搬出するための大きな扉。出入りする扉の上部も適宜開閉するようにできています。

    最終更新:2017.06.26 06:19
    旅行記 『「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。』 より
    2012.07.26 に訪問

    ルーベンスハウスの庭からは、他の家の裏側も見えます。庭はいわゆるフランス式かと思いきや、一部イギリス風。草花の多様な種類が植えてあって、ここで弟子たちが背景用の草花の練習をした…と言われたら信じます。

    最終更新:2017.06.26 06:19
    旅行記 『「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。』 より
    2012.07.26 に訪問

    本当の観光案内所はルーベンスハウスの前にあります。そこまで新市街を吾歩くので、駅でもらった地図が活躍しました。 フランダースでおなじみのルーベンス。やっぱりアントワープに巨大なアトリエを構えていました。それまで見た、レンブラントハウスやフェルメールセンターとは規模が違います。アトリエというよりは、絵画工房と言う感じ。

    最終更新:2017.06.26 06:19
    旅行記 『「フランダースの犬」のアントワープ、フランドル地方の中心地にルーベンスの足跡をたどる。』 より
    Rubenshuisを含む旅行記一覧 Rubenshuisを含む旅行記一覧

    Rubenshuisを含む旅行記一覧 トップへ