Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

デリリウムカフェ(Delirium Café)

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)の口コミ情報と旅行記、デリリウムカフェ(Delirium Café)までの行き方や地図をまとめています。デリリウムカフェ(Delirium Café)の他にもブリュッセル、 ベルギーのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。(Akiyuki Minamiさん) - 02
Akiyuki Minami

常時2,000のビールを品ぞろえしていてギネスブックにも載ったという、世界一のビールパブDelirium Cafe

『 Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|【ベルギービール・醸造所巡り&グルメ旅3泊5日】ベルギーグルメ食べまくり☆の女子ひとり旅(Kayoko Hayashiさん)
Kayoko Hayashi

夜はビアカフェ巡り。一軒目はデリリウムカフェ。ビールに合うおつまみを…と思ったら、このお店はおつまみなしビールのみ!

『 【ベルギービール・醸造所巡り&グルメ旅3泊5日】ベルギーグルメ食べまくり☆の女子ひとり旅 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。(Akiyuki Minamiさん)
Akiyuki Minami

次は、Delirium Cafeで飲んだ、店名と同じ名前のビール、Delirium Tremens。バルーングラスに注がれたそれは香りは少なめなのだけれども、酸味が強め。結構すっぱい。日本人にとって普通のビール(ピルスナー)をイメージして飲むとあまりの違いに戸惑うけれど、ちびちびと飲んでいるとそれはそれで気持ちよくなってくる。分類としてはストロングペールエールということなのだけれど、Duvelとはまるで味が違う。1998年に世界で最高のビールとして賞をとったこともあるらしく、やっぱり一流の味なのかな。飲んでいるとだんだんと馴染んでくる。トレードマークのピンクの象は、酔っ払いの幻覚に出てくるといわれている象なのだとか。アルコールもビールなのに9%もあって、ほんと危険です(笑)

『 Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。(Akiyuki Minamiさん) - 03
Akiyuki Minami

世界で7か所しか作られていないトラピストビールの最高峰、Orval。オレンジがかった琥珀色で、独特のスパイシーな力強い味わい。かといってアルコール度数は6.2%と控えめで、コクはあるけど味のバランスはよい。酸味は軽め。飲みごたえあり。トラピストビールはシトー派修道院の敷地内で作られていることを指していて特定のスタイルを呼ぶわけではないのだけど、2種類の酵母を3度にわたって使い分けるドライホッピングという独特の醸造法で知られている。最初にビールを作ったのは18世紀だけれども、ナポレオン軍によって修道院が破壊されて一時中断して・・・なんて歴史のある修道院のビールです。

『 Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。(Akiyuki Minamiさん) - 04
Akiyuki Minami

次は軽めでさわやかなセゾンビール、Saison Dupont。香りはさわやかなレモンの香りだけど、味はチーズにもにたコクとまろやかさ。アルコール度数は6.5%。Hoegaardenほどやさしい感じではないけれど、それでも飲む人を選ばないさわやかなビール。

『 Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。(Akiyuki Minamiさん) - 05
Akiyuki Minami

ベルギーの夜を最後に飾ったのは、LambicビールのBoon Geuze。Lambicなのでもちろん酸っぱいのだけれども、午前中に飲んだCantillonのように思いっきり酸っぱいわけではなく、さわやかなレモン風味の酸っぱさ、あるいは酸っぱめのアップルパイの風味というのか、酸っぱさだけではなくてコクのある甘みも感じられ、さわやかに閉めるには適度に気持ちの良いビールです。アルコール度数は8%。

『 Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。(Akiyuki Minamiさん) - 06
Akiyuki Minami

夜はDelirium Caféに。。。

『 Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|Výlet Brusel 8/2014(Jan Stránskýさん)
Jan Stránský

『 Výlet Brusel 8/2014 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

デリリウムカフェ(Delirium Café)(ブリュッセル, ベルギー)|大好き?(房川麻紀さん)
房川麻紀

小便少女 ありか?

『 大好き? 』より デリリウムカフェ(Delirium Café), ブリュッセル

  • バー
  • パブ
住所 Getrouwheidsgang 4a Impasse de la Fidélité
電話番号 +32 2 514 44 31
URL http://www.deliriumcafe.be

  • エピソード・口コミ(9)

    2008.09.21 に訪問

    常時2,000のビールを品ぞろえしていてギネスブックにも載ったという、世界一のビールパブDelirium Cafe

    最終更新:2017.06.26 02:59
    旅行記 『Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。』 より
    2015.09.22 に訪問

    夜はビアカフェ巡り。一軒目はデリリウムカフェ。ビールに合うおつまみを…と思ったら、このお店はおつまみなしビールのみ!

    最終更新:2017.10.20 02:25
    旅行記 『【ベルギービール・醸造所巡り&グルメ旅3泊5日】ベルギーグルメ食べまくり☆の女子ひとり旅』 より
    2008.09.21 に訪問

    次は、Delirium Cafeで飲んだ、店名と同じ名前のビール、Delirium Tremens。バルーングラスに注がれたそれは香りは少なめなのだけれども、酸味が強め。結構すっぱい。日本人にとって普通のビール(ピルスナー)をイメージして飲むとあまりの違いに戸惑うけれど、ちびちびと飲んでいるとそれはそれで気持ちよくなってくる。分類としてはストロングペールエールということなのだけれど、Duvelとはまるで味が違う。1998年に世界で最高のビールとして賞をとったこともあるらしく、やっぱり一流の味なのかな。飲んでいるとだんだんと馴染んでくる。トレードマークのピンクの象は、酔っ払いの幻覚に出てくるといわれている象なのだとか。アルコールもビールなのに9%もあって、ほんと危険です(笑)

    最終更新:2017.06.26 02:59
    旅行記 『Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。』 より
    2008.09.22 に訪問

    世界で7か所しか作られていないトラピストビールの最高峰、Orval。オレンジがかった琥珀色で、独特のスパイシーな力強い味わい。かといってアルコール度数は6.2%と控えめで、コクはあるけど味のバランスはよい。酸味は軽め。飲みごたえあり。トラピストビールはシトー派修道院の敷地内で作られていることを指していて特定のスタイルを呼ぶわけではないのだけど、2種類の酵母を3度にわたって使い分けるドライホッピングという独特の醸造法で知られている。最初にビールを作ったのは18世紀だけれども、ナポレオン軍によって修道院が破壊されて一時中断して・・・なんて歴史のある修道院のビールです。

    最終更新:2017.06.26 02:59
    旅行記 『Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。』 より
    2008.09.22 に訪問

    次は軽めでさわやかなセゾンビール、Saison Dupont。香りはさわやかなレモンの香りだけど、味はチーズにもにたコクとまろやかさ。アルコール度数は6.5%。Hoegaardenほどやさしい感じではないけれど、それでも飲む人を選ばないさわやかなビール。

    最終更新:2017.06.26 02:59
    旅行記 『Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。』 より
    2008.09.22 に訪問

    ベルギーの夜を最後に飾ったのは、LambicビールのBoon Geuze。Lambicなのでもちろん酸っぱいのだけれども、午前中に飲んだCantillonのように思いっきり酸っぱいわけではなく、さわやかなレモン風味の酸っぱさ、あるいは酸っぱめのアップルパイの風味というのか、酸っぱさだけではなくてコクのある甘みも感じられ、さわやかに閉めるには適度に気持ちの良いビールです。アルコール度数は8%。

    最終更新:2017.06.26 02:59
    旅行記 『Brussels 2008 - 世界遺産を眺めながら、朝・昼・晩とひたすらベルギービールを飲み尽くすという最高に贅沢なブリュッセルでの一人旅。』 より
    2014.08.09 に訪問

    最終更新:2017.06.26 04:02
    旅行記 『Výlet Brusel 8/2014』 より
    2015.07.30 に訪問

    小便少女 ありか?

    最終更新:2017.06.26 07:41
    旅行記 『大好き?』 より
    デリリウムカフェ(Delirium Café)を含む旅行記一覧 デリリウムカフェ(Delirium Café)を含む旅行記一覧

    デリリウムカフェ(Delirium Café)を含む旅行記一覧 トップへ