Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

ŞUŞA

ŞUŞA(, アゼルバイジャン)の口コミ情報と旅行記、ŞUŞAまでの行き方や地図をまとめています。ŞUŞAの他にも、 アゼルバイジャンのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

ŞUŞA(アゼルバイジャン)|ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅(Teramoto Itsukiさん)
Teramoto Itsuki

ナゴルノ・カラバフの観光地の一つシュシャは首都ステパナケルトからそれほど遠くないところにあります。 (ナゴルノ・カラバフ共和国自体が小さな国なのでw) ステパナケルト以上にイスラム教の影響が残っているので今は使われていないモスクもあります。

『 ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅 』より ŞUŞA

ŞUŞA(アゼルバイジャン)|ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅(Teramoto Itsukiさん) - 02
Teramoto Itsuki

シュシャの城壁も残されていますが、ほとんど放置された状態です。ただこの城壁からの展望は素晴らしいです。

『 ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅 』より ŞUŞA

ŞUŞA(アゼルバイジャン)|ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅(Teramoto Itsukiさん) - 03
Teramoto Itsuki

というわけでシュシャの城壁から見た風景。早朝は曇っていたのですが、徐々に雲も晴れてきて遠くまで見渡すことができるようになりました。

『 ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅 』より ŞUŞA

ŞUŞA(アゼルバイジャン)|ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅(Teramoto Itsukiさん) - 04
Teramoto Itsuki

こちらもシュシャに残されている、今は使われていないモスクのひとつ。破壊されずに残されているだけ良いのかもしれませんが、放置されたままというのも悲しいものがあります。

『 ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅 』より ŞUŞA

ŞUŞA(アゼルバイジャン)|ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅(Teramoto Itsukiさん) - 05
Teramoto Itsuki

旧ユーゴなどもそうですが、内戦で半壊した建物が今はある意味見どころとなっているという例がこの街でもあります。シュシャ占領は1992年だそうで、20年余り前という比較的最近の出来事でした。

『 ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅 』より ŞUŞA

ŞUŞA(アゼルバイジャン)|ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅(Teramoto Itsukiさん) - 06
Teramoto Itsuki

モスクが使われなくなって放置されているのとは対照的に、立派なたたずまいなのがシュシャの中心にある大聖堂です。 実際に何人かの人が礼拝に訪れていました。

『 ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅 』より ŞUŞA

ŞUŞA(アゼルバイジャン)|ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅(Teramoto Itsukiさん) - 07
Teramoto Itsuki

外観だけでなく、門構えや天使の彫刻、それに内装も綺麗でした。鐘塔などもあり、まさにシュシャの中心といえるでしょう。

『 ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅 』より ŞUŞA

  • エピソード・口コミ(7)

    2013.11.28 に訪問

    ナゴルノ・カラバフの観光地の一つシュシャは首都ステパナケルトからそれほど遠くないところにあります。 (ナゴルノ・カラバフ共和国自体が小さな国なのでw) ステパナケルト以上にイスラム教の影響が残っているので今は使われていないモスクもあります。

    最終更新:2017.06.23 09:52
    旅行記 『ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅』 より
    2013.11.28 に訪問

    シュシャの城壁も残されていますが、ほとんど放置された状態です。ただこの城壁からの展望は素晴らしいです。

    最終更新:2017.06.23 09:52
    旅行記 『ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅』 より
    2013.11.28 に訪問

    というわけでシュシャの城壁から見た風景。早朝は曇っていたのですが、徐々に雲も晴れてきて遠くまで見渡すことができるようになりました。

    最終更新:2017.06.23 09:52
    旅行記 『ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅』 より
    2013.11.28 に訪問

    こちらもシュシャに残されている、今は使われていないモスクのひとつ。破壊されずに残されているだけ良いのかもしれませんが、放置されたままというのも悲しいものがあります。

    最終更新:2017.06.23 09:52
    旅行記 『ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅』 より
    2013.11.28 に訪問

    旧ユーゴなどもそうですが、内戦で半壊した建物が今はある意味見どころとなっているという例がこの街でもあります。シュシャ占領は1992年だそうで、20年余り前という比較的最近の出来事でした。

    最終更新:2017.06.23 09:52
    旅行記 『ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅』 より
    2013.11.28 に訪問

    モスクが使われなくなって放置されているのとは対照的に、立派なたたずまいなのがシュシャの中心にある大聖堂です。 実際に何人かの人が礼拝に訪れていました。

    最終更新:2017.06.23 09:52
    旅行記 『ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅』 より
    2013.11.28 に訪問

    外観だけでなく、門構えや天使の彫刻、それに内装も綺麗でした。鐘塔などもあり、まさにシュシャの中心といえるでしょう。

    最終更新:2017.06.23 09:52
    旅行記 『ナゴルノ・カラバフ共和国1泊2日の旅』 より
    ŞUŞAを含む旅行記一覧 ŞUŞAを含む旅行記一覧

    ŞUŞAを含む旅行記一覧 トップへ