Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Uluru-Kata Tjuta National Park

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)の口コミ情報と旅行記、Uluru-Kata Tjuta National Parkまでの行き方や地図をまとめています。Uluru-Kata Tjuta National Parkの他にもノーザンテリトリー、 オーストラリアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅!(kitajima yukoさん)
kitajima yuko

飛行機とバスを乗り継いで、エアーズ・ロックのあるウルル・カタジュタ国立公園へ。1300平方キロメートル以上の広大な国立公園には、先住民族のアボリジニが現在も住んでおり、 国立公園の立ち入りに必要な入場料は、アボリジニの人々の生活の支えになっています。

『 シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅! 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅!(kitajima yukoさん) - 02
kitajima yuko

昼間のウルル・カタジュタ国立公園は赤土の大地と空の青のコントラストが素晴らしい眺めでした。 この変わった形の岩は6億年前の海水の浸食や強風によってこのような形になったそう。6億年の歴史を垣間見たような気がしました。

『 シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅! 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|オーストラリア旅行 ー春と夏の隙間からー(kitajima yukoさん)
kitajima yuko

ウルル・カタジュタ国立公園の上空から 点在する緑と赤茶色の大地。飛行機の窓から見えるこの景色全てが国立公園の敷地内だそうで、驚きました。 先住民族・アボリジニの人々がこの公園内に現在も住んでいるときき、どのような生活をされているのか興味津々です。

『 オーストラリア旅行 ー春と夏の隙間からー 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|一度は行ってみたい『世界遺産』その2 エアーズロック(Urulu)(Nan Sasakiさん)
Nan Sasaki

エアーズロックの近くにもこのような大きな岩の塊があります!

『 一度は行ってみたい『世界遺産』その2 エアーズロック(Urulu) 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|年末年始のシドニー旅行★大規模ニューイヤー花火!エアーズロックも!(Masumi Yoshimuraさん)
Masumi Yoshimura

2日目はウルル・カタジュタ国立公園を散策です。 赤い土がとっても綺麗でした。 自然の美しさ最高! この後、ウルル(エアーズロック)から、また国内線でシドニーへ戻りました。

『 年末年始のシドニー旅行★大規模ニューイヤー花火!エアーズロックも! 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|何度も訪れたくなる不思議 ~シドニー3泊4日~(Mio Natsumeさん)
Mio Natsume

エアーズロックがあるウルル・カタジュタ国立公園ですが、大小36の奇岩が連なる「カタ・ジュタ」も目玉。 実はウルルとカタジュタは地下でつながっているそう…なんだかその歴史とスケールをまざまざと見せつけられたよう。

『 何度も訪れたくなる不思議 ~シドニー3泊4日~ 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|オーストラリアの自然と都会を楽しむ旅(Mikoko Tanabeさん)
Mikoko Tanabe

シドニーから飛行機で約3時間、世界遺産にも登録されている、ウルル・カタジュタ国立公園に到着。 砂漠地帯のため、かなり気候は乾燥しています。 この地では、現在もアボリジニの人たちが生活しているんですよ!! さて、明日はレンタカーを借りて、車でウルルへ向かいます。ウルルを見れることもそうだけど、海外での運転にも、ドキドキです♪

『 オーストラリアの自然と都会を楽しむ旅 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|最強パワ-スポット♪ウルル(エア-ズロック)!!(Kyoko  Hondaさん)
Kyoko  Honda

ウルル=カタ・ジュタ国立公園 アボリジニの聖地といわれるウルルとカタ・ジュタ。サンセットで、真っ赤に染まっていくウルルは感動です!駐車場にいるエミューにはご注意を。カバンのお菓子を狙って突かれまくります。

『 最強パワ-スポット♪ウルル(エア-ズロック)!! 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|最強パワ-スポット♪ウルル(エア-ズロック)!!(Kyoko  Hondaさん) - 02
Kyoko  Honda

ウルル=カタ・ジュタ国立公園 写真を撮ってはいけない場所も多々ありますので、看板をよく見て歩いてください。 のんびりゆっくり散策でき、大変いい思い出になりました。

『 最強パワ-スポット♪ウルル(エア-ズロック)!! 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

Uluru-Kata Tjuta National Park(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|オーストラリア・シドニー女子旅~パワースポットで運気アップ~(Chiharu Yamanouchiさん)
Chiharu Yamanouchi

飛行機に乗り朝から辿り着きました。念願のエアーズロック!!があるウルル・カタジュタ国立公園です。 一日の始まりって感じがしました。 オーストラリア大陸の中央に位置する1300平方キロメートル以上の大きな世界遺産の国立公園。 神聖な場所である為、かなり緊張気味。 空港からのツアーもあり、レンタカーで来る方もいるみたい。 数に限りはありますので予定が決まった時点で早めに予約をした方がいいですね! あとは日本の旅行会社さんでもツアーがオプションとして用意されている事もあるので確認してみてください。

『 オーストラリア・シドニー女子旅~パワースポットで運気アップ~ 』より Uluru-Kata Tjuta National Park, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー, ノーザンテリトリー

住所 Lesseter Hwy.

  • エピソード・口コミ(12)

    2007.11.15 に訪問

    飛行機とバスを乗り継いで、エアーズ・ロックのあるウルル・カタジュタ国立公園へ。1300平方キロメートル以上の広大な国立公園には、先住民族のアボリジニが現在も住んでおり、 国立公園の立ち入りに必要な入場料は、アボリジニの人々の生活の支えになっています。

    最終更新:2017.08.14 04:07
    旅行記 『シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅!』 より
    2007.11.16 に訪問

    昼間のウルル・カタジュタ国立公園は赤土の大地と空の青のコントラストが素晴らしい眺めでした。 この変わった形の岩は6億年前の海水の浸食や強風によってこのような形になったそう。6億年の歴史を垣間見たような気がしました。

    最終更新:2017.06.26 05:12
    旅行記 『シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅!』 より
    2012.03.31 に訪問

    エアーズロックの近くにもこのような大きな岩の塊があります!

    最終更新:2017.06.26 05:41
    旅行記 『一度は行ってみたい『世界遺産』その2 エアーズロック(Urulu)』 より
    2008.10.12 に訪問

    ウルル・カタジュタ国立公園の上空から 点在する緑と赤茶色の大地。飛行機の窓から見えるこの景色全てが国立公園の敷地内だそうで、驚きました。 先住民族・アボリジニの人々がこの公園内に現在も住んでいるときき、どのような生活をされているのか興味津々です。

    最終更新:2017.06.26 05:13
    旅行記 『オーストラリア旅行 ー春と夏の隙間からー』 より
    2013.01.05 に訪問

    飛行機に乗り朝から辿り着きました。念願のエアーズロック!!があるウルル・カタジュタ国立公園です。 一日の始まりって感じがしました。 オーストラリア大陸の中央に位置する1300平方キロメートル以上の大きな世界遺産の国立公園。 神聖な場所である為、かなり緊張気味。 空港からのツアーもあり、レンタカーで来る方もいるみたい。 数に限りはありますので予定が決まった時点で早めに予約をした方がいいですね! あとは日本の旅行会社さんでもツアーがオプションとして用意されている事もあるので確認してみてください。

    最終更新:2017.06.26 05:13
    旅行記 『オーストラリア・シドニー女子旅~パワースポットで運気アップ~』 より
    2014.05.26 に訪問

    エアーズロックがあるウルル・カタジュタ国立公園ですが、大小36の奇岩が連なる「カタ・ジュタ」も目玉。 実はウルルとカタジュタは地下でつながっているそう…なんだかその歴史とスケールをまざまざと見せつけられたよう。

    最終更新:2017.06.26 05:08
    旅行記 『何度も訪れたくなる不思議 ~シドニー3泊4日~』 より
    2004.12.29 に訪問

    2日目はウルル・カタジュタ国立公園を散策です。 赤い土がとっても綺麗でした。 自然の美しさ最高! この後、ウルル(エアーズロック)から、また国内線でシドニーへ戻りました。

    最終更新:2017.06.26 05:07
    旅行記 『年末年始のシドニー旅行★大規模ニューイヤー花火!エアーズロックも!』 より
    2013.05.14 に訪問

    ウルル=カタ・ジュタ国立公園 アボリジニの聖地といわれるウルルとカタ・ジュタ。サンセットで、真っ赤に染まっていくウルルは感動です!駐車場にいるエミューにはご注意を。カバンのお菓子を狙って突かれまくります。

    最終更新:2017.06.26 05:12
    旅行記 『最強パワ-スポット♪ウルル(エア-ズロック)!!』 より
    2013.05.14 に訪問

    ウルル=カタ・ジュタ国立公園 写真を撮ってはいけない場所も多々ありますので、看板をよく見て歩いてください。 のんびりゆっくり散策でき、大変いい思い出になりました。

    最終更新:2017.06.26 05:12
    旅行記 『最強パワ-スポット♪ウルル(エア-ズロック)!!』 より
    2008.11.21 に訪問

    シドニーから飛行機で約3時間、世界遺産にも登録されている、ウルル・カタジュタ国立公園に到着。 砂漠地帯のため、かなり気候は乾燥しています。 この地では、現在もアボリジニの人たちが生活しているんですよ!! さて、明日はレンタカーを借りて、車でウルルへ向かいます。ウルルを見れることもそうだけど、海外での運転にも、ドキドキです♪

    最終更新:2017.06.26 05:11
    旅行記 『オーストラリアの自然と都会を楽しむ旅』 より
    Uluru-Kata Tjuta National Parkを含む旅行記一覧 Uluru-Kata Tjuta National Parkを含む旅行記一覧

    Uluru-Kata Tjuta National Parkを含む旅行記一覧 トップへ