Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)の口コミ情報と旅行記、カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))までの行き方や地図をまとめています。カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))の他にもノーザンテリトリー、 オーストラリアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|エアーズロック一 想像以上のパワースポット‼︎(flower☆さん)
flower☆

Ayers Rockから30km、車で30〜40分のKata Tjuta。小さく見えるけど、かなり巨大な岩。これ実はAyers Rockと地下で繋がっていて、地殻変動でくの字に曲がって突き出てるらしくびっくり😳

『 エアーズロック一 想像以上のパワースポット‼︎ 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|煌めきの世界へ(Takashi Ogasawaraさん) - 04
Takashi Ogasawara

一応2ℓぐらいの水は持って行くのですが、とにかく暑いので、すぐに水が無くなってしまう。暑い中水を持って歩いていると、いつの間にか水がお湯になっていたぐらい暑かったです。

『 煌めきの世界へ 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|エアーズロック一 想像以上のパワースポット‼︎(flower☆さん) - 02
flower☆

Kata Tjutaのトレッキングコース この先へ進むと風の谷のナウシカのモデルになったと言われている風の谷があります♪

『 エアーズロック一 想像以上のパワースポット‼︎ 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|煌めきの世界へ(Takashi Ogasawaraさん)
Takashi Ogasawara

オルガ山と呼ばれるカタ・ジュタです。このツアー中は天気が本当に良くて良かったです。その分暑かったですが、曇りや雨でしたら、こんなに素敵な風景にめぐり合う事は出来なかったと思います。

『 煌めきの世界へ 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|赤い大地、ウルル=カタ・ジュタ 2泊3日(Takami Kinoさん)
Takami Kino

『風の谷のナウシカ』のモデルになったとも言われる風の谷です。 風の谷と言うだけあって、常に風を感じる場所でした。吹き抜けていく風も含め、すごく神秘的な場所でした。

『 赤い大地、ウルル=カタ・ジュタ 2泊3日 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|煌めきの世界へ(Takashi Ogasawaraさん) - 02
Takashi Ogasawara

暑いし足場も悪かったです。そしてよく眠れなかった為、この日のツアーは結構しんどかったです。けれど見ている風景は最高でした!こんな素敵な風景はここに来なければ見れません。

『 煌めきの世界へ 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|煌めきの世界へ(Takashi Ogasawaraさん) - 03
Takashi Ogasawara

同じツアーに参加した人達は今何をしているのだろう?と時々思います。相変わらず色々な場所へ行って旅をしているのだろうか?また何処かで会えたらいいなと思います。

『 煌めきの世界へ 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|赤い大地、ウルル=カタ・ジュタ 2泊3日(Takami Kinoさん) - 02
Takami Kino

カタ・ジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」と言う意味だそうです。同じ赤い岩ですが、一枚岩のウルルとは、又違った美しさがありました。

『 赤い大地、ウルル=カタ・ジュタ 2泊3日 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))(ノーザンテリトリー, オーストラリア)|エアーズロック(Shoko Kitazawaさん)
Shoko Kitazawa

『 エアーズロック 』より カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga)), ノーザンテリトリー

住所 Uluru-Kata Tjuta National Park

  • エピソード・口コミ(9)

    2016.05.02 に訪問

    Ayers Rockから30km、車で30〜40分のKata Tjuta。小さく見えるけど、かなり巨大な岩。これ実はAyers Rockと地下で繋がっていて、地殻変動でくの字に曲がって突き出てるらしくびっくり😳

    最終更新:2017.10.27 06:15
    旅行記 『エアーズロック一 想像以上のパワースポット‼︎』 より
    2007.09.04 に訪問

    一応2ℓぐらいの水は持って行くのですが、とにかく暑いので、すぐに水が無くなってしまう。暑い中水を持って歩いていると、いつの間にか水がお湯になっていたぐらい暑かったです。

    最終更新:2017.06.26 04:34
    旅行記 『煌めきの世界へ』 より
    2016.05.02 に訪問

    Kata Tjutaのトレッキングコース この先へ進むと風の谷のナウシカのモデルになったと言われている風の谷があります♪

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『エアーズロック一 想像以上のパワースポット‼︎』 より
    2007.09.04 に訪問

    オルガ山と呼ばれるカタ・ジュタです。このツアー中は天気が本当に良くて良かったです。その分暑かったですが、曇りや雨でしたら、こんなに素敵な風景にめぐり合う事は出来なかったと思います。

    最終更新:2017.06.26 04:34
    旅行記 『煌めきの世界へ』 より
    2012.09.07 に訪問

    『風の谷のナウシカ』のモデルになったとも言われる風の谷です。 風の谷と言うだけあって、常に風を感じる場所でした。吹き抜けていく風も含め、すごく神秘的な場所でした。

    最終更新:2017.06.26 05:54
    旅行記 『赤い大地、ウルル=カタ・ジュタ 2泊3日』 より
    2007.09.04 に訪問

    暑いし足場も悪かったです。そしてよく眠れなかった為、この日のツアーは結構しんどかったです。けれど見ている風景は最高でした!こんな素敵な風景はここに来なければ見れません。

    最終更新:2017.06.26 04:34
    旅行記 『煌めきの世界へ』 より
    2007.09.04 に訪問

    同じツアーに参加した人達は今何をしているのだろう?と時々思います。相変わらず色々な場所へ行って旅をしているのだろうか?また何処かで会えたらいいなと思います。

    最終更新:2017.06.26 04:34
    旅行記 『煌めきの世界へ』 より
    2012.09.07 に訪問

    カタ・ジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」と言う意味だそうです。同じ赤い岩ですが、一枚岩のウルルとは、又違った美しさがありました。

    最終更新:2017.06.26 05:54
    旅行記 『赤い大地、ウルル=カタ・ジュタ 2泊3日』 より
    2015.09.10 に訪問

    最終更新:2017.06.26 06:45
    旅行記 『エアーズロック』 より
    カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))を含む旅行記一覧 カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))を含む旅行記一覧

    カタ・ジュタ(オルガ山)(Kata Tjuta (Mt Olga))を含む旅行記一覧 トップへ